伝説の名曲喫茶「クラシック」の遺品を受け継いで

薄暗い空間を満たすクラシックの響き。おしゃべりは自由です。

ほの暗い空間を満たすクラシック音楽の響き。(おしゃべりは自由です)

ユニークな逸話の数々が語り継がれる中野の名曲喫茶「クラシック」。古色蒼然とした建物は2005年に閉店とともに取り壊されましたが、その2年後、クラシックの遺品と魂を受け継ぐ若い名曲喫茶「ルネッサンス」が高円寺に誕生しました。

不思議な灯りやオブジェの数々は、亡き店主・美作七朗氏の作品。

不思議な灯りやオブジェの数々は、亡き初代店主・美作七朗氏の作品。

階段をおりていくと古い家具特有の湿り気をおびた空気に包まれます。まぎれもなく、学生時代に卒論を書きに通ったあのクラシックの匂い! 席が近くても視線がぶつからないよう段差を多くした客席が、みごとに再現されていました。

ルネサンスのコーヒーはきちんと1杯ずつドリップされています。

ルネッサンスのコーヒーはきちんと1杯ずつドリップされています。この点に関しては、中野クラシックより遥かに進化しました。

ルネッサンスの店主は、かつてクラシックのスタッフだった女性二人。次ページでご紹介します。