ベースタウン金武町へ

キャンプハンセン

金武町のハンセンゲート前。西海岸のリゾートエリアとはまったく違った雰囲気のコレもまた沖縄の一面

ちょっと贅沢気分のティータイムを終えたら、104号線を通って東海岸ルートを取りましょう。先ほどまでの西海岸のリゾートモードとは打って変わって、329号線へと抜けるとそこは有刺鉄線に覆われた米軍基地があるキャンプハンセン。国道沿いに横文字の看板が立ち並ぶベースタウン特有の雰囲気が漂います。
金武町社交街

ゲートタウン独特の雰囲気漂う社交街。夜になればネオンが灯る

なかなかにフォトジェニックなので車を停めて少し歩いてみると面白いと思います。昼間の社交街はどこもシャッターが閉まっていますが、ここが日本なのかどこか外国なのかわからないような不思議な路地裏に迷い込んでしまったような体験ができるはず。表通りには数軒のファストフードや小売店が並び、ドルでも普通に買い物ができるのもベースタウンならでは。

そして金武町といえば有名なのがキングタコス。タコライスでB級グルメを楽しむのもありです。またお酒が好きな人はすぐそばにある金武鍾乳洞を訪れてみてはいかがでしょうか。鍾乳洞の中にズラリと並ぶ古酒の瓶をTVや雑誌で見かけたことがあるという人もいるはずです。あまりにも貯蔵瓶が増えたため現在は新規のボトルキープを一時休止とされているようですが、もしかしてタイミングが良ければキープしてもらえるかもしれませんね。興味がある方はぜひ行かれる前に問い合わせしてみてください。

■ キングタコス金武町本店
住所:沖縄県国頭郡金武町金武4323-1
営業時間:11:30~翌5:00 無休
地図:Yahoo!地図情報

■ 古酒蔵
住所:沖縄県金武町字金武222番地
TEL:098-968-8581
開園時間:9:00~16:45 無休
地図:Yahoo!地図情報

金武町にて今日のドライブコースは終了。西海岸のリゾートエリアから東海岸のベースタウンをまわって那覇へ戻るこのコースでは、時間をかけずに沖縄のいろいろな面が楽しめるのであまり長時間移動したくない時や沖縄観光の最終日のドライブにもよいですね。まっすぐ那覇へ帰るなら金武ICから沖縄自動車道を使うのが便利ですが、夕方の那覇は渋滞が起こるので予定がある方は余裕を持って早めに移動することをオススメします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。