白壁に包まれた吹抜け空間


写真をクリックすると次の写真に進みます
LDK

1. ベイマツ材の玄関扉の上部に、採光のためのガラス窓を設けた。
2. 北向きの玄関もハイサイドライトの効果で明るい。
3. 扉を開けると大容量の靴収納が現れる。
4. リビングに続く壁に、浅い飾り棚が設けられた。
5. ペンダントライトは、ルイスポールセンPH 3/2 ペンダント ヘニングセン生誕100年記念モデル。ダイニングテーブルは「ハオアンドメイ」の傍島浩美さんがデザイン。ソファはブルーノ・マットソンによる成形合板のフレームのシンプルなデザイン。
6. ガラス窓には室内側に障子が仕込まれている。
7. LDKを2階の和室から見下ろす。


玄関から折れ曲がった先には、天井の高い大空間が広がっています。内部の壁と天井は、建築家が発案した、漆喰に大谷石を混ぜたオリジナルの材料による左官仕上げ。よく見ると天井と壁では、粗さが若干異なっています。白い壁とコントラストをなす杉のフローリングや窓枠や笠木などには、無垢の木材を使っています。表情のある空間に自然な素材が加わる事で、さらに豊かな空間を生み出しています。

◆建築データと建築家プロフィール