区議会議員の名前からついた「戸田平橋」

戸田平(とだひら)橋は、「戸」というのは、先ほどもでてきた「戸塚」という地名からとられた。さらに「田」は「高田」という地名から。そして、最後の「平」はこの橋の建設にたずさわった淀橋区議会議員の平野与三吉の「平」をとっているのだ。
護岸工事に関係した淀橋区議会議員の名前は橋の名前の一部になった

「戸塚」「高田」「平野」から1文字ずつとった名前の「戸田平橋」


この橋の近くに記念碑がある。「大正八年竣工」とあり、「戸田平橋 戸塚新道 記念碑」とある。
大正八年に竣工されたと記されている

石碑には「戸塚新道 戸田平橋 記念碑」とある


今はコンビニのあるビルの壁面に張り付いていて、裏側を見ることはできない。今は新宿区となっているが、かつては淀橋区というのがあった。