かつては堰があった「神高橋」

明治時代、まだこのあたり田んぼが広がっていた。神田川の水はここで、分流され、田園地帯を潤していたようだ。
神田川の水を分流させて、田んぼへ水を供給していた

かつてはここに堰があったという神高橋

このあたりから、橋の両岸に遊歩道が整備されている。

高田と戸塚を結ぶ「高塚橋」

豊島区側には高田という地名が有り、新宿区側には戸塚という地名がある。それをつなぐ橋なので、高塚橋というらしい。こうゆう、2つの地名から名前のつけられた橋はあとも何度か出てくる。
この先、新宿区側に「弁天」という行列のできるラーメン店がある。

高田と戸塚をつなぐ橋で「高塚橋」

よく見ると、橋の両岸の道が下流に向かってくだっているのがわかる。