頭と手先を鍛える知育おもちゃ
ビー玉迷路

お菓子の景品なんかに入っていた、小さな銀ダマが入っているプラスチックの迷路で遊んだ記憶はありまんか?ダンボール箱でもあのハラハラ、ドキドキ感を再現できます。迷路を解く頭と、手先を操作する器用さの両方が鍛えられる遊びです。

※ ダンボール工作「ビー玉迷路」完成品サンプルでは色紙で装飾しています。シールや色紙で自由に飾り付けましょう。迷路の底に最初に絵を描いておくと、オリジナリティが出て楽しめます。

※ こちらのダンボール工作迷路完成品サンプルでは色紙で装飾しています。シールや色紙で自由に飾り付けましょう。迷路の底に最初に絵を描いておくと、オリジナリティが出て楽しめます。

ダンボール工作「ビー玉迷路」材料

A4サイズくらいのダンボール箱、ビー玉、ボンド、カッター

ダンボール工作「ビー玉迷路」作り方

1.高さ8cmくらいの枠箱が作れるようなダンボール紙を用意し、そこに鉛筆で迷路を描きます。所々に落とし穴も用意しましょう。スタートとゴールの穴も忘れずに。まだ枠箱は組み立てません。

 

1.高さ8cmくらいの枠箱が作れるようなダンボール紙を用意し、そこに鉛筆で迷路を描きます。所々に落とし穴も用意しましょう。スタートとゴールの穴も忘れずに。まだ枠箱は組み立てません。

 
2.カッターナイフで、落とし穴とスタート、ゴールを切り抜きます。

 

2.カッターナイフで、落とし穴とスタート、ゴールを切り抜きます。

 
3.迷路の壁となる幅5cmくらいのダンボール紙を用意します。そして、1で描いた迷路の線の長さに合わせてカットしていきます。切った壁をどこにたてるかわかるように、迷路上と壁の両方に合い番をふっておくと後の作業が楽になります。

 

3.迷路の壁となる幅5cmくらいのダンボール紙を用意します。そして、1で描いた迷路の線の長さに合わせてカットしていきます。切った壁をどこにたてるかわかるように、迷路上と壁の両方に合い番をふっておくと後の作業が楽になります。

 
4.枠箱を組み立てます。

 

4.枠箱を組み立てます。

 
5.3で切っておいた壁を、所定の位置にボンドで固定すれば完成!

 

5.3で切っておいた壁を、所定の位置にボンドで固定すれば完成!

 

ダンボール工作「ビー玉迷路」遊び方

スタートの穴からビー玉を入れて、落とし穴を避けながらゴールを目指します。落とし穴があって細くなっている道は、壁もうまく利用してビー玉を転がしましょう。慣れてきたら、親子で時間を競ったり、ビー玉を2個にして遊んだり、ゴールからスタートに戻ったりすると飽きずに遊べます。

 

スタートの穴からビー玉を入れて、落とし穴を避けながらゴールを目指します。落とし穴があって細くなっている道は、壁もうまく利用してビー玉を転がしましょう。慣れてきたら、親子で時間を競ったり、ビー玉を2個にして遊んだり、ゴールからスタートに戻ったりすると飽きずに遊べます。