ダウン症候群の検査と治療

■検査
特有の顔貌から判断し、最終診断としては、染色体検査になります。主に血液から細胞を取り出して、染色体を分析します。今後の遺伝子相談のためには両親の染色体検査を行うこともありますが、結果を知ることが良いのかどうかを考える意味で、両親においては慎重に検査しましょう。定期的には、発達テスト、聴力テスト、心臓検診、頚椎のX線検査などを行っていきます。

■治療
染色体についての治療は、残念ながら現時点ではできません。薬物治療は、それそれの合併症に対して行います。例えば、てんかんであれば抗けいれん薬、甲状腺機能低下症なら甲状腺ホルモンの補充療法を行います。合併症の有無が寿命に影響します。心臓の合併症に対しては、外科的な治療を行います。
これらの治療によって、ダウン症候群の平均寿命は伸びております。

子供には様々な可能性があります。ダウン症の画家、書道家もおられます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項