undefined

自分と無関係な他人に不満を抱くことはありません。つまり不満は親しさの裏返し?

おもしろいことに、私たち人間は赤の他人に対し不満を抱くことは滅多にありません。たまたまぶつかったり至近距離で不快な思いをさせられたりしなければ、すれ違う他人に対し、不満のみならず他の感情を抱くこともほとんどないでしょう。


不満とは、自分の周囲で関わりを持つ人に対してのみ芽生える感情。そしてそれは、関わりが深くなるほど生じやすいものです。
つまり、恋人に不満を抱くのはごく当たり前のことであり、逆の見方をすれば、ふたりが親密な関係である証拠ともいえます。

だけど、好きな人に不満を持ちながら付き合うことはストレスのもと。恋人に対する不満はないほうがいいに決まってます。

どうして恋人に不満を抱いてしまうのか。
まずはその原因を考えてみましょう。

好きだから不満になる?

何の義理もない他人に優しくされなくても、不満に思う人はいないでしょう。だけど恋人にそっけなくされると「どうして優しくしてくれないの?」とあなたは思うでしょう。

不満を抱く要因のひとつは「好きだから」。
自分が好きな相手には同じくらい自分のことを好きでいて欲しい。自分のことを好きだという気持ちを行動に表して欲しい。だから優しくされないと不満に思うのです。
不満とは、言葉の通り「満足でない」状態のこと。「こうして欲しい」という無言の要求が叶えられないだけで不満を抱いてしまうのは、少々ワガママではないでしょうか。

不満を抱くプロセスの裏には「当たり前」という思い込みが潜んでいることもしばしば。だけど当たり前の基準も人それぞれ。恋人だから優しくして当然というのも、あなたの思い込みに過ぎません。

まずは、自分がどんな「思い込みによる定義」を持っているか、洗い出してみましょう。前の恋人によって植え付けられた基準に当てはめて不満を抱かれたら、今の恋人はたまったもんじゃありません。
あなたの中で「これだけは譲れない」もの以外、当たり前というフィルターは極力取り除きましょう。ありのままの恋人を受け入れることも愛情のひとつです。