旦那様の実家と上手に「離れたい」ですか?

110902

円満に夫の実家との距離を置きたい方は多い?

旦那様のご実家とのつきあいは、問題点の内容や量の違いはあるにせよ、すべての妻の皆様に共通した悩みであるといえます。「頻繁にこちらに遊びに来たがる」「何かにつけて、電話で口出ししてくる」「とにかく下らない話が長くて、相手をするのは疲れる」「盆暮れの帰省の交通費がかさんで家計の負担になる」など、「ちょっと夫の実家と距離を置きたいなぁ」と思うような状況にある方、実は多いのではないでしょうか?

しかし、「うちに訪ねてくるのは迷惑です」「もう電話してこないでください!」「帰省はお金がかかるのでやめます」などと、ストレートに伝えれば、相手との関係がこじれるのは必至。逆に問題の種を増やす結果にしかなりません。そこでおすすめなのは、上手に関わり方を調整して、旦那様の実家と「距離を置く」方法。ダメ嫁、鬼嫁のレッテルを貼られずに、少しずつ相手と“離れて”いくにはどうしたらよいか? 今回は誰も教えてくれない4つの秘策を伝授しましょう。
 

秘策1 電話よりメール・手紙

過去に彼氏に振られた、あるいは自分から振った経験がある方は、その時のことを思い出してください。「デートの回数が減って、だんだんと電話だけになり、やがてはメールのみ。最後には連絡が取れなくなり……」という段階を踏んで、二人の関係が離れて行ったのではないでしょうか? もちろん、旦那様のご実家ですから「連絡が取れなくなり」とはいきませんが、「対面」→「声だけの電話」→「文字だけのメール」というステップは、十分活用できます。もし、「義父母がメールを使わない」と言う方は「手紙」でもOKです。

たとえば今まで、何かをいただいたお礼に「届きました。ありがとうございます」と電話をしていた方は、その電話をメールにしてみましょう。電話だと、ついでに余計な長話を聞かされることがあったかもしれませんが、メールなら長いムダ話をびっしり書いた返事が来る可能性は低いはず。もし万が一、そんな長いメールが来たとしても、読まずに放置しておけばいいだけですので、ストレスはぐっと少なくなります。

また、お礼の連絡をメールでなくハガキにすれば、相手が返事を書く手間が増えるので、返事の来る確率は一層減ります。「手紙を書くのはは面倒くさい。書くことがない」と言う方は、写真やイラストが全面に印刷されたポストカードを使えば、文字を書く必要はほとんどありません。さらに、「手紙は電話やメールより丁寧」という価値観が一般的ですので、「丁寧な嫁」として妻の皆様のポイントが上がるという嬉しいおまけ付きです。「対面」から「非対面」、「声」から「文字」というステップを上手に踏んで「離れていく」テクニックは、ぜひ覚えておきましょう。


秘策2 子どもを間に挟む

そうはいっても、「何かと夫の実家に電話をしなければいけない状況にある」という方は、お子さんに活躍してもらいましょう。もちろん、お子さんの年齢にもよりますが、早い子なら幼稚園生、普通は小学生なら、教えれば電話の応対はできるようになります。そして、子どもは一般的に電話が大好きですから、それを有効活用します。

ナンバーディスプレイサービスなど発信者が分かるような場合は、旦那様の実家からの電話に、お子さんに出てもらいましょう。孫と話ができて嬉しくない義父母はいませんから、大抵の場合、そこでしばらく孫との会話を楽しんで、「しゃべりたい」という彼らの欲求を満たすことができます。そうなると、そのあと妻の皆様に電話を代わった後、無駄話を延々とする可能性はかなり低くなります。孫との会話が長時間に及んだ場合ほど「(電話が)長くなったから手短に……」などと、用件だけで済む確率は高いです。

「子ども作戦」はこちらから義父母に電話をかける際にも有効です。「おばあちゃんに電話してくれない?」等と水を向ければ、子どもは喜んで掛けてくれるはず。そしてひとしきり話をさせて相手の「ガス抜き」をした後で要件を持ちだす手順で、自分が相手と話をする時間を減らすことができます。お子さんのいらっしゃる方はぜひお試しください。

次はさらに、「円満に夫の実家と距離を置く」方法をご紹介 >>