■実際の利用方法は?証明証って何が必要なの?

利用方法は非常にシンプルです。都内在住、在勤、在学の確認ができる証明を持って旅行会社の窓口で提示し、「被災地応援ツアー申込書兼宿泊証明書」に記入をすればOK。後で面倒な手続きなどは一切なく、旅行代金を入金する際に、割引金額を差し引いて支払えば手続きは完了です。

この時、注意したい点は2つ。まず申し込みの旅行会社について。先にもお伝えした通り指定の旅行会社での申し込みが必要ですが、全ての店舗で申し込みができるわけではありません。

例えばJTBの場合は都内の指定店舗でのみ取り扱いとなりますし、日本旅行は、東京・神奈川・埼玉・千葉の各店舗、近畿日本ツーリストは、更に茨城、群馬、栃木を加えたKNTツーリスト各店舗で受付というように各社で対応は異なります。

また在住、在勤、在学の確認が必要な為、webからの申し込みは、いずれの旅行会社も割引適用外となりますのでご注意ください。

そしてもう1点。在住、在勤、在学の証明についてですが、事実が確認できる書類として、運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票、社員証、在勤証明書、社員証、学生証などの提示が必要になります(同行者の分はコピーで可)。

ここでちょっと気になるのが、在勤の証明について。「社員証は住所の記載がないし、この為に在勤証明証の発行も言いにくい」という方も多のでは? この点については「社員証と名刺など、在籍と会社の住所がわかる証明を複数ご提示いただければお受けしています」という旅行会社も多いので、まずは店頭で確認をされることをオススメします。

>>割引はツアーだけ? いえいえ宿泊だけでもOKなケースも!