時間や人数に見合うように考えると結婚は遠ざかる・・・?

2:結婚は恋愛の延長にあると思い込んでいる
さらにあなたの結婚できない障壁になっていることを挙げるなら、「結婚は大恋愛してするべきだ!」という思い込みです。多くの女性は結婚する人は一番好きになった人であるべきという意識の中で10代から育ってきています。なので自分が恋心を抱けないような男性と結婚することに対してはとっても否定的です。特に20代で素敵な恋愛をした女性であれば、その自分の幸せな経験値や体験がベースになることでしょう。逆に恋愛経験が少ない女性であれば、自分が考える理想の恋愛に対する憧れの方が強く抱いてしまいがちです。

なので結婚そのものを意識するほど、自分では一目惚れではなくとも、やっぱり恋愛感情を揺さぶられたいと願うことは当たり前の心理と言えるでしょう。実際に職場が一緒だったりして、最初は恋愛感情がなくとも、何かしらのきっかけで恋愛に発展していく場合や、気付いたら彼の優しさに惹かれていったなんてこともあるでしょうが、婚活目的だと、そこまで一緒にいる時間がない分、お互いの良い所を理解するには、あまりにも時間がないという結果になるのです。

ここで言いたいのは、結婚して幸せになれる感情は安らぎです。その感情は必ずしも恋愛時に感じるドキドキ感とは違うものであると知っておけば、もっと違う広がりや付き合い方が出てきて、結婚へと繋がっていくのではと思います。


3:ここまで待ったのだから絶対に失敗できない!
最後に伝えたい結婚できない理由は、「ここまで待ったのだから絶対に失敗できない!」という思い込みです。結婚を意識して出会いを探している女性の多くは、この年齢まで結婚せずに待ったのだから、「絶対に失敗したくない!」という想いが強すぎる傾向があります。これは今以上に幸せになりたいという当たり前の欲求とも言えます。

今、それなりに幸せな生活を送っていれば、少なくともその環境を変えずにキープしたいという願望が出てくるものです。だからこそ無意識に自分の中で、「本当に結婚すると今よりも幸せになるのだろうか?」という疑問が現れて、ふと冷静に考えた時に不安になってしまうのも無理はありません。

周りで結婚したことで文句や愚痴を言っている人がいたり、すでに身内や友人、知人の中に離婚してしまった現実を見れば、結婚そのものに対してそんなネガティブなイメージにも影響されてしまいがちです。すると、「結婚すること=何かを我慢したり犠牲にすること?」と刷り込まされて、結婚したいけど結婚するのが怖いという潜在意識が邪魔している場合もあるのです。

結婚できないスパイラルから抜け出すためには?

もし、たくさんの男性と出会っているのに、なかなか結婚までたどり着けないと感じている女性は、今後は会う人数だけではなく、会う人との「出会いの質」を高めていくことを心がけて下さい。

今は特別な彼がいなくても、結婚してから旦那さんと旅行に行ったり、大好きな趣味を楽しんだり、美味しい料理を一緒に食べているシーンや、自分の好きなインテリアを揃えた新居のリビングでリラックスしている、さらには笑顔で子育てをしている様子など・・・未来のパートナーと一緒に楽しんでいる幸せな結婚後のイメージをたくさんインプットしてあげて下さい。

結婚を望んでいる独身女性の中には、きっと当たり前のように「自分は結婚するつもりだったのに、なぜ今も独りなんだろうか・・・」と冷静に考えてしまう瞬間もあるかも知れません。さらに「このまま結婚できなかったらどうしよう・・・」なんて、自分の将来をイメージして不安になってしまうこともあるでしょう。

でも、そんな不安や心配はまったく要りません。結婚するための一番の近道は、出会いの数ではなく、結婚することで自分が必ず幸せになるんだというセルフイメージを高めてあげることなのです。自分を信じてあげることが出来れば、必ず自分に見合った素敵なパートナーとの出会いが待っているはずですよ!

<ガイドからのお知らせです!>
最新刊「縁結び 恋愛宝地図ノート」は好評発売中です!
次回「恋愛ライフデザインセミナー」のご案内はコチラから・・・
セミナーやイベントなど最新情報はブログからどうぞ!










※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。