リンギットにはマレーシアで簡単に両替できます

マレーシアの両替所

レートがきちんと表示されている両替所。治安上、昼に両替しましょう

マレーシアの通貨単位はリンギット。RMと表記されます。現地でのリンギットの発音は、トが消えてリンギ。両替所の人に「リンギ!」と言いながら日本円を渡してください。

日本国内でのマレーシア・リンギットの取り扱いはごくわずか。さらにレートもよくないことから、マレーシア到着後の両替をおすすめします。クアラルンプール国際空港(KLIA)には、日本航空、マレーシア航空、全日空などが到着するメインターミナル、エア・アジアが到着するLCCターミナル(KLIA2)のどちらにも両替所があり、日本での両替より断然レートがいいです。どうしても心配な人は、成田空港や羽田空港で少額の両替を。空港からクアラルンプール市内までのタクシー代を含めて5千~1万円くらいで十分です。

お金の持ち方としては、ホテル代やブランドショッピング、高級エステの支払いはクレジットカード、屋台やレストランなどの食事代、露店での買い物、タクシー代は現金と使い分けましょう。クアラルンプール市内のショッピングセンター(KLCC、パビリオン、ミッドバレー)やブキビンタン通りには両替所がいくつもあり、レートがきちんと表示されていて安心です。地方都市の場合は、中心地のショッピングセンター内に両替所があります。現金をあまり持ち歩きたくないなら、ホテルの部屋の金庫に日本円を保管し、1万円ずつ両替するのもいいでしょう。

日本円のT/Cを用意するのは安全の意味で得策ですが、両替所によっては受け付けてくれない店もあるのでご注意を。マレーシアへの日本円の持ち込みは100万円程度であれば、申告無しで持ち込むことができます。

両替の方法、レートについて

両替は、ホテルのフロント、銀行、両替所でできます。銀行は15~16時でクローズしますが、両替所は19~20時くらいまで開いていて便利。すべての両替所には、各国のレートが電光掲示板で表示されているので、他店のレートと簡単に比較することができます。日本円をリンギットに両替する場合、日本の国旗が記されたJapanのBuyの箇所を見ます。たいてい1千円単位の表示になっているので、30と記されていれば、1千円を両替すると30リンギット、1万円を両替すると300リンギットが手渡されます。

レートは場所によってまちまちですが、少額の両替であれば、あまり大きな違いはありません。大型ショッピングセンターであるミッドバレー内の両替所(Wawasan Sentosa)やブキビンタン通り沿いであればプドゥ通り寄りの両替所のレートが比較的いいようです。一般的に、ホテルのレートはあまりよくありません。

クレジットカードでの現金入手法

メイバンク

マレーシアの銀行、メイバンク。ATMは銀行内、ショッピングセンター内に

クレジットカードでキャッシングするのも便利です。銀行(Maybankなど)のATMにカードを入れてお金を引き出すだけ。「Plus」マーク、または「Visa」などのクレジットカードのマークがあれば対応のATM機種です。クレジットカードを挿入し、暗証番号をプッシュ、withdrawを押し、リンギットの希望金額を押すだけ。クレジットカードだけでなく、「Plus」マークが付いている日本の銀行のキャッシュカードも、同じように引き出すことができます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。