パーソナルクーペらしいオシリの軽い軽快な走り

M・ベンツC63AMGクーペ

6.2リッターV8エンジンは最高出力457ps/最大トルク600Nmを発生。湿式多板クラッチを用いたAMGスポーツシフトMCTが組み合わせられ、0-100km/h加速は4.4秒とした

C63クーペの走りはといえば、基本的に街中ではセダン系に準じるものの、常にオシリの軽さがあって、軽快感ではたしかに上。いかにもパーソナルクーペらしい動きである。

オシリが軽いにも関わらず、ウシロ足に大きなパワーを溜め込んでいるから、サーキットで走らせてみると、ほとんど全てのコーナーで尻と腰がムズムズしはじめ、ちょっとしたアクセルペダルの加減で、勢いよく“びゃーっん”とケツが滑り出す。それが愉快でたまらない。

もちろん、滑りっぱなしなんてキケンなことはない。電子制御(3ステージESP)もなかなかよくできていて、程よいタイミングで“お仕置き”が入るのだけれども、それまでドリフト風味を楽しむ時間はたっぷりとあるというわけだった。
M・ベンツC63AMGクーペ

オプションでAMGパフォーマンスパッケージ(125万円)を用意。これはSLSにも使われている鍛造ピストンや軽量クランクシャフトなどを用いることで最高出力を30psアップさせている。またハイパフォーマンスブレーキシステムなども装備する

M・ベンツC63AMGクーペ

ESPには通常モードに加え、挙動修正の介入を遅らせるスポーツモードとESPを作動させないオフモードを設定。どちらもブレーキを踏むことで解除される

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。