正しいクーペスタイルに至宝のNAエンジン

M・ベンツC63AMGクーペ

コンパクトサルーン&ステーションワゴンのCクラスに追加されたクーペモデル。そのハイパフォーマンスモデルがC63AMGクーペ。国内ではC63AMGの改良に合わせてクーペモデルの第1弾として登場、価格は1085万円となる。ボディサイズは全長4707mm×全幅1795mm×全高1391mm

Cクラスをベースとしたクーペモデル、と聞いて、以前日本にも導入されていたハッチバックタイプのCクラスを思い出した方も多いはず。けれども、あのクルマのことは、キレイさっぱりと忘れていただこう。開発陣も、あのクルマで若い世代の心を掴むことはできなかった、むしろ年輩層だったと、省みていた。

新たに発表された現行ベースのCクーペはといえば、ノッチバックタイプの、いわゆる正しいクーペスタイルを採っている。それも、メルセデスの伝統とは違って、骨太なBピラーのあるタイプ。それゆえ、ボディ剛性が懸念されたEクーペ(Bピラーレス。それはそれでエレガントだけれど)には、ついぞ設定されなかったAMGモデルも用意されたというわけだ。
M・ベンツC63AMGクーペ

エクステリアには新デザインのAMGパーツ、フロントフェンダーやラジエターグリル、パワードームをもつボンネットなどを備える

基本的にはマイナーチェンジ後のC63セダン&ワゴンと同じシャシー&パワートレインを積んでいる。なかでも注目したいのはAMGの至宝/6.2リッターV8自然吸気エンジンに、SL63などと同じAMGスピードシフトMCTの7速ミッションを組み合わせたパワートレインだ。

SLS AMG用を除けば、今、メルセデスAMGラインで最もホットでスポーティ、マニアックと三拍子揃ったパワートレインである。それゆえ近い将来、この現行Cクラスでの採用が終わってしまう(恐らく最後か、と)と、いっきに絶版が現実的になり、そこから数年かけてエンスーの対象となること請け合いだ。

ベースとなったCクーペそのものは、もっと若い世代にアピールしたい、という趣旨で誕生している。そんなモデルのフラッグシップカーであるがゆえ、今までになく、見栄えも性能も“健康的な印象”の強いAMG、陽に焼けて小麦色の肢体を露にしたAMG、であった。

相変わらず迫力と軽快がみごとに融合したパワートレインだ。モダンメルセデス史上、最強にして最良のパワートレインだとボクは思う。このパワーパワートレインの価値は、将来、必ず上がるだろう。

マルチプレートクラッチ=MCTの変速は、必要なときに必要なだけ速い、という、とても理性的にスポーティなもの。オートマチックモードを無難にこなすほか、アップシフトの速さとダイレクト感が素晴らしい。メルセデスAMGの性格によく似合っていると思う。

心地よい引っ掛かりとか、気持ちよいショックもまた、ドライビングの大事な要素。速さとスムースさを身上とするデュアルクラッチタイプにはない魅力だ。