細長い敷地に建てられた、間口5.6メートル奥行き15.4メートルの「上賀茂の家」。「小さくつくって大きく暮らす」には収納が肝心です。どこにどんな収納があったらいいのか? 狭小住宅には無駄のないアイディアがつまっています。

狭小短冊敷地に建つ家

町屋スタイルの狭小住宅

開放感と抜け感のある窓

居室の広さを重視すると、最後に残ったスペースを使って収納をつくる。そんな発想で計画した住まいではモノが収まりきらず、室内に収納家具を置くことになりがちです。これでは本末転倒で、よけいに狭苦しくなってしまいます。

京都では間口の狭い短冊状の敷地が多く、古くからある町屋形式の住宅が有名な地域です。こうした敷地では隣家が迫っているため、窓をとるのにもひと苦労。でもその反面、まとまった壁が確保できるので、収納面ではメリットになります。そのメリットを最大限に活かした「上賀茂の家」(株式会社石田工務店)は、整理収納のプロ・日浦弘子さんが監修した住まいです。

では早速、リビングから見ていきましょう。