一人暮らしの部屋のよくある悩みとして挙げられるのが『狭い』こと。ちょっと油断をすると、あっという間にモノがあふれて、散らかった落ち着かない部屋に……。そこで今回は、狭くてもスッキリと気持ちよく暮らせる片づけのコツをお届けします。

部屋が汚い原因は『掃除』ではなく、『片づけ』かも

片づいた部屋

あなたの部屋が散らかるその原因、本当にわかっていますか?

「ちゃんと掃除をしているつもりなのに、いつも部屋が汚い気がする。だから、私は掃除下手なんだ」という人がいます。でも、詳しく聞いてみると、「テーブルや床や棚の上にモノがたくさんあって、散らかっている。だから、掃除もちゃんと行き届かない」ということも。その場合、問題の原因は『掃除』ではなく、『片づけ』にあります。

モノがごちゃごちゃしているだけで、たとえ掃除が行き届いていても、部屋は汚い印象になります。また、片づけができていない状態で掃除をしようとしても、モノが邪魔になって汚れが残ることが増えます。

「自分の部屋がなんだか汚い」と思ったら、モノがちゃんと片付いているかを意識してみてください。床やテーブルの上など、本来置かれべきでない場所にモノが置かれていませんか。しまう場所が決まっているのであれば、まず戻します。「どこにしまったらいいかわからないものがたくさんあって、どうしたらいいのか……」というあなたには、次のページから詳しい解決法をお届けしていきます。

次は、より具体的に部屋をスッキリさせる方法を紹介していきます>>