飲んで良し、眺めて良し。大人の愉しみ、お酒のイギリス土産

ウィスキー

美味しいお酒を飲みながら、旅の思い出を語るひととき。大人ならではの愉しみです

お酒は、原料と水、気候条件が揃って初めてできるもの。まさに、その土地でなくては生まれないもの……その意味では、お土産らしいお土産のひとつと言えるかもしれません。重くてかさばるのが難点ではありますが、飲んで味わうのはもちろんのこと、飲んだ後のボトルやラベルを思い出として保存できる、一石二鳥のお土産ですね。

お酒1 スコッチウィスキー

グレンフィディック

イギリス土産のお酒といえば、スコッチウィスキー。ウィスキー愛好家きなら、醸造所めぐりも一度は体験してみたいですね

イギリスのお酒といえば、スコッチウィスキーを連想する人も多いでしょう。スコットランドでは各地に大小さまざまな醸造所が点在しており、醸造所めぐりが旅の目的、というスコッチ愛好家も少なくありません。試飲つき見学ツアーもあり、憧れの銘柄を試してみる絶好の機会です。特にシングルモルトの銘柄の中には、大半がブレンデッドウィスキーの原酒となって市場に出回らないものもあるので、醸造所に行った人だけが味わえる特権、という場合もあるそうです。

ウィスキーは空港の免税店がメジャーな銘柄がそろっていて持ち運びにも便利ですが、銘柄によっては、醸造所でしか買えない「幻の一本」が購入できることもあるようです。飲みきりサイズのミニボトルも充実しているので、いろいろ飲み比べてみたい人にオススメです。

 

お酒2 イングリッシュワイン

ワイナリー

評価急上昇中のイングリッシュワイン。イングランド南部には、注目のワイナリーが点在しています

イギリスとワイン、あまり結びつかないかもしれませんが、ここ数年、イングランド産ワインの評価が世界的に高くなってきています。特にスパークリングワインは秀逸で、世界的権威の品評会でフランスのシャンパーニュ産を差し置いて優勝することも多くなってきました。代表的なワイナリーはナイティンバー(Nyetimber)、デンビーズ(Denbies)、チャペル・ダウン(Chapel Down)、リッジヴュー(Ridgeview)等。

現在のところ、イングリッシュワインはスパークリングか白が多く、最近はロゼの評価もあがっています。

イングランド産ワインは全国のデパート、専門店、スーパーマーケットで扱っていますが、中でもスーパーマーケットチェーンのウェイトローズ(Waitrose)の品揃えが豊富です。価格帯は一本15ポンド~25ポンド程度。