歴史的デパートメントストア メイシーズ

いつも混雑している巨大デパートは、ニューヨークの名物

いつも混雑している巨大デパートは、ニューヨークの名物

全米に805件もの店舗を展開している巨大デパート、メイシーズ。34丁目に構えたそのメイシーズの本店は、ニューヨークの歴史的ランドマークでもあります。数年前まで世界最大の売り場面積を誇るデパートとして君臨していた、この巨大デパートの魅力を余すところなくご紹介します。

メイシーズの歴史

メイシーズ社の創立は1851年、マサチューセッツ州からニューヨーク市に移り、1858年にダウンタウンのグリニッジヴィレッジに初の店舗がオープン。キャッシュバック制やオーダーメイドウェアで好評を博し、店舗を拡大、店舗数も飛躍的に伸び、1902年に本店が現在の地であるヘラルドスクエアに開店しました。その本店も増築を繰り返し、34丁目と35丁目、6番街と7番街の一角まるごと占める広さに発展。一時は世界最大の売り場面積を擁するデパートとしてギネス認定されていたほどなんですよ!

エスカレーター

ガタガタと音をたてて動くエスカレーター

ガタガタと音をたてて動くエスカレーター

1902年のオープン以来、稼動しているニューヨーク最古の木製エスカレーターはメイシーズの見どころのひとつ。2階から6階まで設置されているので、是非体感してみては。ニューヨーク最古といえど、動くスピードは通常のものと変わりなく、その技術には驚かされるはず。時を刻んできた温もりを感じさせるエスカレーターですが、ステップ部分は木の溝が幅広く深いので、ハイヒールを履いている女性にはちょっと手強い相手かも?

 

店内のブランド、ショップ

デパ地下風な一角があるのも嬉しい

デパ地下風な一角 photo: gonyc.com

メイシーズというと庶民派デパートのイメージもあるのですが、本店はカジュアルブランドのほかハイブランドも充実しており、ショッピングの博覧会のよう! 1階にはルイヴィトン、コーチがあるほか、上階にはシー・バイ・クロエ、アナ・スイなど様々なブランドが集結しています。また、地下のセラーフロアにあるチョコレートやキャンディなどのグルメギフトは、お土産にも最適。フードスポットは各階にあるので、休憩やランチにも困りません。地下のグルメカフェ『クッチーナ』では、パスタやパニーニを気軽に食べることができ、便利でおススメ。

サンクスギビングデーのパレード

大人も子供も楽しめるパレード

大人も子供も楽しめるパレード

アメリカにおいて最も重要な祝日がサンクスギビングデー(11月の第4木曜日)。この日にメイシーズが開催するパレードは、街の風物詩となっています。パレードは朝9時に77丁目のセントラルパーク・ウェストからスタートし、コロンバスサークルで7番街を下り、42丁目で6番街に移動して下り34丁目へ。最後は34丁目を6番街から7番街に移動して正午頃に終了というコース。巨大バルーンが練り歩く様は、一度は観ておきたい名物シーンです。

<DATA>
Macy's
住所: Herald Square 34th-35th Street / 6th-7th Avenue
TEL: 212-695-4400
アクセス: 34th Street駅から徒歩すぐ
営業時間: 10:00~21:30、11:00~20:30(日)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。