女性が通勤中はストッキングにソックスにスニーカー?

グランドセントラル駅周辺
若い女性はパンツスーツ姿が多い
ご存知の方も多いと思うが、ニューヨーカーの通勤風景でよく見かけるのは、女性がスカートとストッキングを身に着けているのに足元はソックスとスニーカーという姿。日本ではちょっと敬遠されそうなスタイル。さすがにNYでも、お年頃の女性は男性の目を気にするからか、スカートやパンツにもヒールの低い靴というのが主流ではあるが。

スニーカー履きの女性には、バリバリのキャリアウーマンという人も多い。時間を無駄にしないためか、遅刻ギリギリなのか、競歩してるくらいの速さで、わき目もふらずに歩くビジネスウーマンたち。彼女たちはオフィスに到着してデスクにつくと同時に、ソックスとスニーカーを脱ぎ、オフィスに常備しているパンプスに履き替えるのである。仕事が終われば、またソックスとスニーカーに履き替え家路へと急ぐ。

歩くことの多いマンハッタン

さて、なぜスニーカー履きなのかというと、マンハッタンで働くほとんどの人が地下鉄通勤。オフィスから地下鉄の駅まで、ちょっと遠いこともある。つまりは東京都内と同じで歩く距離がものすごい。しかも日本のように舗装が丁寧でないから、でこぼこ道もあったりする。地下鉄の乗り換えだって、パンプスだとままならない。階段や坂もあれば、同じ駅構内なのにものすごく歩くこともあるのだ。もちろんラッシュの時間だと混んでいてシートに座れないが、足がどんなに疲れていてもスニーカー履きなら大丈夫。

私の同僚だった30年以上ITのキャリアがあるマリリンも、通勤中はスーツ姿にスニーカー履きだった。しかも、なぜだかスニーカーの色が紺色のスーツに全くマッチしない白だったりする。それが平気なのがキャリアウーマン。オフィスでしっかり仕事さえできれば、通勤用のスニーカーにまで気を配るのは、お金と時間の無駄って考えているのか?

通勤用スニーカーのままジムへ

スニーカーを履いてる女性
スニーカーは白っぽいのが主流。
たまに終業の時刻直前になると、デスクに隠れてスニーカーに履き替え始める女性もいたりする。終業時刻ピッタリにデスクを離れるのだ。などと言ってる私もオフィスワークしていたころは、いつもやっていた。そのスニーカーのままオフィスの向かいにあるジムへ直行。少しの時間も無駄にしない、これがもしかするとニューヨーカーの通勤とアフターワークのスタイルかもしれない。ちなみにNYのジムは、日本のように上履きスニーカーは必要ない。

冬になるとNYは寒さが厳しいのでスカートを履いてる女性を見かけなくなる。それでもパンツスーツやビジネスライクなパンツなので、通勤中はブーツを履いていたり、雪の日にスノーブーツを履いていても、オフィスにてパンプスに履き替える人もいる。とはいえ、NYにもオフィスに着けば逆にサンダル履きという、IT業界でも客先に出ない裏方のエンジニアもたまにいるが・・・・・・。

さてマンハッタンへ通うビジネスマンの通勤風景は?次のページへ。