理想の恋愛のはじめかたって、なんだろう?

男女関係

学生時代は駆け引きにも、男女関係にももう少し分かり易い定型があった

たとえば学生時代の恋愛なら「告白」という儀式があった。「付き合ってください」で交際がスタートして、デートして、手を繋いで。でも大人になるとそういう順番は、もうごちゃごちゃになってくる。「告白」のかわりが「口説く」や「駆け引き」になってきて…。

それに、最初は恋愛に発展すると思った関係も、いざはじめてるとあれ、なんか違った、みたいなことだってある。白黒はっきりつく関係もあれば、はっきりつかないけど成立してしまうグレーゾーンもあったり、大人になればなるほど、男女関係が複雑化されていく。「理想の恋愛のはじめかたって、なんだろう?」と、暫く考えてみたのだけど、やっぱりそんなものは存在しないと思った。世間一般でいう理想はあるのかもしれない。

だけど、自分の気持ちに規制をかけて、世間一般の恋愛観に無理して合わせて、いったい誰のためになるんだろう? だって、好きなんでしょう? 会いに行きたいんでしょう?

世間一般の恋愛観に固執すると、いちばん大切なその気持ちを見失ってしまうような気がして。だから、世間一般の恋愛観なんて、まるきり無視でいいんだと思う。自分の気持ちに正直でいることのほうが、百倍大切じゃないのかな。

男女関係の理想の形とは

最近になってやっと気付いたのは、駆け引きをしなければ恋できない人は、結局は、通り過ぎていく人なんだということ。どれだけ駆け引きしても、最初から結論は見えている。結論が早く出るか遅く出るかの話なだけで、どんなに抗っても、無理なものは無理なんだ。

2人の関係が本物であれば、どんな始め方をしたって繋がっていける。それは、駆け引きなんかじゃない。男と女でもない。それ以前に人間と人間が、お互いの心に惹かれ合っているから。それは、戸籍上の結婚をも越えた、心の結婚。

自分が相手の一部になり、相手も自分の一部になる。約束しなくてもまた会えるし、与えた愛情が自分に返ってこなくても、愛したいと思える。それが理想の、男女の形でないだろうか?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。