Facebookの活動は「友達」から始まる

Facebookのアカウントを作ってまず真っ先に行うのは、「友達とつながる」ことです。「友達」は、フェイスブックを楽しみ活用するために最も重要なもの。

Facebookの活動は、すべて「友達」が基本になります。友達を無防備にたくさん増やしてしまうと、ウォールに宣伝の書き込みをされたり、スパムを投稿されたり、興味のないイベントに招待されたりなど、処理をしなければならないことや不愉快なことが起きる可能性があります。より楽しくFacebookを活用するためには「友達のマネジメント」、つまり管理を行う必要があるのです。

知らない人は友達承認しなくていい

Facebookを始めたばかりの人によく相談されるのは、「友達の申請・承認」をどうしたらいいのかということです。毎日たくさん届く友達申請。サイドバーに表示される「この人は知り合いでは?」のリコメンド。Facebookでは、友達を増やす環境が整っていますので、「なるべくたくさん友達を作らなければ」と思ってしまう人もいるでしょう。

しかし、むやみに友達を増やしたり、短期間に友達申請をたくさん送ったりしていると、Facebookから「注意アカウント」と見なされ、しばらく申請ができなくなったりします。ひどい時にはアカウント停止になることもあります。

Facebookの個人アカウントは、人脈拡大のために不特定多数の人とどんどんつながっていくという目的のものではありません。そこがmixiやTwitterと最も違うところです。Facebookをより便利に使うためには、「むやみに友達を増やさない」ことがポイントなのです。実際に会った人、顔と名前がちゃんと一致する人とだけつながるようにしましょう。