小舟木エコ村が「エコ」であるのは、仕組みや取組みがあることが大きなポイントです。しかし目で見えてわかりやすいのは「エコな設備」。街(村ですが!)では多くの「エコな設備」を見ることができました。

街にあふれる「エコな設備」

小舟木エコ村で建築をする際は「小舟木エコ村風景づくり協定」を遵守する必要があります。そのなかにはいろいろな「エコ」に対する工夫が盛込まれています。

雨水貯留タンク@小舟木エコ村

雨水を貯留するタンク。一つの家で200リットルの雨水を溜めると街全体では約80トンの「ダム」となる。

井戸@小舟木エコ村

手動のポンプでくみ上げる井戸。なんとなく庭に欲しい気もする。

集会所@小舟木エコ村

中心部にある立派な集会所。

方流れ屋根の集会所@小舟木エコ村

屋根は、大変大きな片流れ屋根となっていた。

ソーラーパネル@小舟木エコ村

上にのっかっているのはもちろん太陽光発電パネル。

シャープ製のソーラーパネル@小舟木エコ村

シャープ製でした。

一般世帯のソーラーパネル@小舟木エコ村

全世帯の約4割強で太陽光発電パネルが設置されている。

電動カー@小舟木エコ村

太陽光発電で得た電力で充電する電動カー。インド製との事。珍しい。


もちろん「次世代省エネルギー基準等級4を満たす程度の断熱性能確保」「高効率給湯機器の導入」などの基本性能をアップさせる「エコ対策」も取り組まれており、他にも各世帯の地下に1.5トンの地下水槽を設置するなどの設備があり、エコな暮らしで思いつくものなんでもある感じです。

ちなみに、ちょっと変わったインド製電動カーはカーシェアリングの車。カーシェアリングの運営も業者に任せるのではなく、サービスを利用する世帯で行っています。「エコな設備」を利用して「エコな生活」を送るには住民自身の取組みによる部分が大きいのです。

「エコに暮らすなら近江八幡小舟木エコ村に住め!~前編」は以上。後編では、「エコな素材」の紹介と、街並の様子をご紹介します。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。