寝不足サラリーマンを多数作ったサッカーワールドカップ。他国開催の大会では初の決勝トーナメント進出とあって大変盛り上がっています。その決勝T進出の立役者である本田 圭佑(ほんだ けいすけ)選手の出身中学である摂津市立第四中学校界隈の街並をご紹介します。

3線3駅利用可能、川沿いの街~四中界隈

最寄駅である大阪モノレール「南摂津」駅。駅前には「上新電機」やスーパー「オークワ」がある。

最寄駅である大阪モノレール「南摂津」駅。駅前には「上新電機」やスーパー「オークワ」がある。

阪急京都線で一番近いのは「正雀」駅。周辺の阪急京都線の駅前は、総じて駅周辺の街路が狭い。阪急京都線で一番近いのは「正雀」駅。周辺の阪急京都線の駅前は、総じて駅周辺の街路が狭い。

パブリックビューイングが行われた事で、
ニュースにも取り上げられ知名度のあがった摂津市立第四中学校(以下「摂津第四中学」)。本田選手の出身中学校です。ちなみに、本田選手が初めて所属したチームは摂津FC。ところで、摂津第四中学ってどの辺りなんでしょう?

摂津四中は、近畿自動車道(中央環状線)と東海道新幹線の交点から南西方向へ約500mほどはなれたあたりにあります。幹線道路沿いを中心にパナソニックロジスティクス、日本通運鳥物流センター、近鉄バス鳥飼営業所等の大手企業の物流関連施設が多く並ぶエリアです。

鉄道の駅でいえば大阪モノレール「南摂津」駅、大阪市営地下鉄今里筋線「井高野」駅、阪急京都線「正雀(しょうじゃく)」駅でできた三角形の中にあります。「南摂津」駅・「井高野」駅へは徒歩約20分前後、「正雀」駅には約30分程度の距離。複数路線に自転車アクセスできるのは利点ですが、どの駅にも少々遠いのが難点です。


幹線沿いは住宅も少なく殺風景。

幹線沿いは住宅も少なく殺風景。

「物流拠点が多い」「駅から遠い」ということで、殺風景なイメージがあり、あまり街紹介等で取り上げられる事が少ない(もしかしたらはじめてかも!?)エリアである摂津4中界隈。幹線から入ると結構住宅の建ち並び、新興住宅地有り、旧集落有りの面白い街並です。次のページでは摂津第四中学界隈の街並をご紹介します。