スマートフォンエミュレータ

スマートフォンエミュレータ

Androidスマートフォンのエミュレータを使うためには、「Android SDK Tools」をインストールする必要があります。その「Android SDK Tools」を動かすためには、「JDK(Java Development Kit)」が必要です。ここでは、それらのダウンロード方法、インストール方法、設定方法をご紹介致します。

それらをインストールした後の、スマートフォンエミュレータ自体の設定方法や使い方に関しては、記事「Androidスマートフォンエミュレータの使い方」をご参照下さい。

【この記事の目次】
1.準備:JDK(Java Development Kit)をインストールする(p.1)
2.導入:Android SDK Toolsをインストールする(p.2)
3.初回起動:必要なパッケージを追加インストールする(p.3)

※本記事は、2011年6月20日に初版を公開し、2013年9月に改訂しました。記事中の一部の画像は、2011年6月時点のものです。

準備:JDK(Java Development Kit)をインストールする

Android SDK Toolsを動かすには「JDK(Java Development Kit)」が必要です。Javaソフトウェアを動作させるための「JRE(Java Runtime Environment)」だけでは動きませんので注意して下さい。「JDK」は、たいていの環境にはインストールされていないでしょうから、先にダウンロードしてインストールしておきましょう。JDKは無料で公開されています。

JDKをダウンロードする

JDKは、オラクルのウェブサイトで配布されています。以下の手順でダウンロードして下さい。

Java SE Downloadsページ

Java SE Downloadsページ

まず、「Java SE Downloads」ページへアクセスします。ウェブページは英語ですが、ダウンロードしたセットアップファイルを実行すると日本語で表示されますので問題ありません。

※日本版サイトにも「Java SEダウンロード」ページはありますが、本稿執筆時点では英語サイトに移動するだけでした。


 
JDK側の「DOWNLOAD」ボタンをクリック

JDK側の「DOWNLOAD」ボタンをクリック

このページを下へスクロールすると、右図のように「JDK」という項目があり、そこに「DOWNLOAD」ボタンがあります。それをクリックします。「JRE」の方ではないので、間違えないよう注意して下さい。

 
使用環境に合ったJDKセットアップファイルを選択

使用環境に合ったJDKセットアップファイルを選択

右図のようなJDKダウンロードページに移動したら、まずはライセンスに同意することを示すため、「Accept License Agreement」にチェックを入れます。その後、下部の表から、お使いの環境に合ったセットアップファイルをクリックしてダウンロードして下さい。

たとえば、Windowsの場合は32bit版か64bit版かで選ぶファイルが異なります。32bit版であれば「Windows x86」を、64bit版であれば「Windows x64」を選択します。

32bit版Windows用のJDKセットアップファイル

32bit版Windows用のJDKセットアップファイル

本記事では、Windows 7(32bit版)で動作させた画面イメージを掲載しています。ダウンロードしたのは、本稿執筆時点での最新版「Java SE Development Kit 7 Update 25」です。

ファイル名は「jdk-7u25-windows-i586.exe」で、ファイルサイズは89MBでした。バージョンによって、ファイル名やサイズは異なります。


 

JDKをインストールする

JDKのインストールを開始

JDKのインストールを開始

ダウンロードしたファイルを実行すると、右図のように「Java SE Development Kit」のインストーラが起動します。「次へ」ボタンをクリックして先へ進めて下さい。


 
構成とインストール先を設定

構成とインストール先を設定

インストール先とインストール内容を選択します。自由に変更できますが、特に不都合がなければ、そのまま何も変更せずに「次へ」ボタンをクリックすれば良いでしょう。


 
JDKのインストールが進む

JDKのインストールが進む

すると、JDKのインストールが始まりますので、終了まで待ちます。


 
JREのインストール先を設定

JREのインストール先を設定

もし、JRE(Java Runtime Environment)がインストールされていない場合は、JREのインストール先も質問されます。ここでも、特に不都合がなければ、そのまま何も変更せずに「次へ」をクリックして進んで下さい。


 
インストール作業の完了を待つ

インストール作業の完了を待つ

インストール作業の完了を待ちます。


 
「閉じる」をクリックして終了

「閉じる」をクリックして終了

右図のように「正常にインストールされました」と表示されたら、インストール作業は完了です。右下の「閉じる」ボタンをクリックして終了して下さい。


 
次に、Android SDK Toolsをインストールしましょう