ドイツプレミアムブランド並みの高い完成度

アルファロメオ159

セダンとステーションワゴン、3.2リッターエンジンと2.2リッター、4WDなどがラインナップされていたが、現在はセダンの2.2JTSセレスピード コレクション(435万円 写真)のみとなる。サイズは全長4690mm×全幅1830mm×全高1430mm

アルファロメオ159

2.2JTSセレスピード コレクションは最高出力185ps/最大トルク230Nmを発生する2.2リッター直噴エンジンを搭載。シーケンシャルトランスミッションのセレスピードが組み合わせられている

アルファロメオの中核を担う、欧州Dセグメント(BMW3シリーズやアウディA4あたりがライバル)向けサルーン&ワゴン。

GMとのコラボレーションで生まれたクルマで、上級車用の高価なプラットフォームを使っているから、パフォーマンスはなかなかのもの。ほとんどドイツプレミアムブランド級の走りをみせた(このときのアルファトップは元BMWの人だったし)ことから、多くのアルファロメオファンが戸惑ったもの。もちろん、そこで失ってしまったもの(ある種の軽快さ、柔らかさ)もあるが、クルマとしての完成度を上げ、マーケットを広げることがアルファの長年の課題だったから、方向性は決して間違いではなかった。

アルファロメオ159

コレクションにはポルトローナフラウのレザーシートを標準装備

外野の余計な野次に耳を傾けず、たとえばFFのセダンをテキトーに転がせば、数値で判るパフォーマンスこそドイツ車並だが、フィーリングそのものはレッキとしたアルファロメオに仕上がっていることが分かる。真っすぐ走るアルファが嫌いなら、それ以前をどうぞ、というわけだ。

V6+4WDなどは、本当によく出来たグランドツーリングカーである。特にスポーツワゴン。ややガッチリ感は強めにでるものの、高速道路をクルージングしているときの安定感、フラット感、滑らかさは、これまでのアルファロメオの常識を覆した。

アルファロメオ159スポーツワゴン

スポーツワゴンと呼ばれるスタイリッシュなステーションワゴンもラインナップされていた。サイズは全長4690mm×全幅1830mm×全高1440mm、ラゲッジ容量は445~1235リッター

ただし、ちょっとメタボである。ボディサイズを気にする向きには同意する。もう少し引き締まった体躯でも良かったが、それはそれで高級プラットフォームを使いこなせなかったということだから、痛し痒しである。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。