刃物を上手に使って楽しく親子クッキング

子どもにもお料理の手伝いをして欲しいと思っていても、包丁や火は危ないからといって、ついお皿洗いや食器の準備だけですませてしまいがち。でも本当は、子どもが手伝いたいのは、食材を切ったり焼いたりする工程。親子で一緒に台所に立って、料理の時間を過ごしてみましょう。子どもが使っても安全なおすすめの包丁とまな板をご紹介します。


3歳頃からのファースト包丁におすすめ
正広 こども包丁 りす(幼児向き)

マサヒロundefinedこども包丁undefinedりす

「本物の包丁だ!」、「りすさんがついてるのが私の」と子どもが喜んで使える包丁


刃先と刃元を丸くした上、両端から約1cmには刃が付いていない安全設計です。ステンレスなのでさびにくく手入れが簡単です。

見た目は本格的に見えるので、お子さんの気持ちも満足させることができます。刃が丸くなっているため、すぐに手が切れるという心配はありませんが、子どもの力でも、野菜などを問題なく切ることができます。りんご、きゅうりなどを切るのがオススメですが、あまり固いものには不向きといえます。最初に買ってあげる包丁として選ぶといいでしょう。

グリップ部分(握る部分)が幼児に適した太さになっています。左手用も販売されているのが、左利きさんにも嬉しいところ。


【商品詳細】
商品名:マサヒロ こども包丁 りす(幼児向き) 24348
メーカー:正広(マサヒロ)
価格 :2415円
>> 購入はこちらから


>> 次は、安全重視のファースト包丁をご紹介