インテリアライフスタイル・東京2011に見る
最新インテリア・デザインプロダクトのトレンド

今年も早くも6月を迎え、メサゴ・メッセフランクフルト株式会社が主催する恒例のライフスタイル提案型国際見本市「interiorlifestyle TOKYO」が、6月1日~3日まで、東京ビッグサイトで開かれた。今回は16カ国・地域から521社(国内452社、海外69社)が出展した。
interiorls

インテリアライフスタイルのテーマカラーはオレンジ


 

会場構成は西1HALLからStyle Japanと名付けた高感度ブランドを集めたコーナから始まり、Textile Inspirationに続いてITALIAN PAVILION、NORDIC LIFESTYLE、FROM PORTUGAL、の国別パビリオン、日本各地のインテリアプロダクツを集めたtalents NEXTから西2HALLにつながり、INDUSTERIOR、Kitchen/Houseware、日本ハウスウェア&インテリア協会、JETRO(日本貿易振興機構)と充実した内容となっている。西4HALLはCIOIOIL、Baby & Kids、WA+という構成で、岩谷マテリアル、センブレデザイン、三栄水栓等のメーカーや国内各産地の伝統工芸品などが展示されている。
interiorls

西館アトリウムには六本木農園やTISTOUのブース等が賑わいを見せる


 
全般的に、会場構成がますます充実し、来場者の数も多くかなりの盛り上がりが見られたが、国別パビリオン展示でフランス、ドイツ、イギリス、アメリカ等が原発事故の影響で出展を取りやめたことは残念だ。
会場の中で、目についたブースとプロダクトをご紹介する。

©June.2011 Copyright HIDEWO KURODA KITCHEN SYSTEM LABO.INC.