信号待ちで“2人の写メ”を記念撮影しよう

信号待ちのスキンシップとして、体を寄せて写メの撮影をしてみてください。「今日の思い出をしっかりメモリーしておきたいのよ」という意気込みを彼に伝えることができます。また体や顔を写メにおさめるために接近させることになるので、ちょっとしたドキドキ感を演出することができます。


やっぱり「運転交代」できる女性は心強いものです。

運転に疲れてしまった時に、運転交代してくれる女性はやはり心強いものです。普段から少しづつ運転に慣れておくことで“いざという時の運転交代志願”ができる状態を整えておきましょう。

初デートの時の男性は走り慣れた道ですらも緊張を余儀なくされます。“道を間違わずにスムーズに運転しよう”と意気込むことからです。「道に迷ってあたふたするようなみっともないドライブにはしたくない!」「手際の良い自分を見せたい」「デートは男がリードするもの」と思っているのです。そのプレッシャーが男性を緊張へと追い込みます。オクテな男性などは、ほぼ“ガラスの存在”だと思って間違いありません。

さあ、恋のはじまりの「ドライブデート」で、サイドシートから彼の心をひそかに励まし、そして心地よい一日を演出してあげてください。また一緒に出かけたくなる女性のポジションをしっかりとその手におさめてください。

【関連リンク】
恋ができない!と嘆く女性への処方箋
ビジネスタイム、気になる人の誘い方



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。