ソウルのウォン両替事情

ソウルに到着した瞬間から必要になるのが韓国の通貨、ウォンです。いくらぐらいを、どこで両替すれば良いのか、なかなか悩むところですね。ここでは、韓国の現金事情とともに、損をしない両替の仕方をご紹介します。

カード社会の韓国、現金が必要になるのはどんな時?

為替レートや手数料は、利用する両替所により少しずつ違います。よりレート良く両替したいですね

為替レートや手数料は、利用する両替所により少しずつ違います。よりレート良く両替したいですね

韓国は日本以上にカード社会です。ソウルの場合、カードさえあればタクシーやコンビニ、コインロッカーの利用料なども支払いOK。そのため、現金はあまり持ち歩かない人も少なくありません。

一方で、市場や露天商では、基本的に現金のみ。また、庶民派ローカルフード食堂や、雑貨店などでも、小額の買い物の場合はカードの使用を断られることも……。そもそもカード端末機を設置していないお店もあるので気をつけましょう。

東大門のファッションビルや、個人経営の小規模ブティックなどでは、現金支払いを条件に割引してくれる店が多いため、これらの場所でより安く買い物したいなら、ある程度まとまった現金を用意しておくのがいいですよ!

 

>>>初めての韓国旅行、いくら持っていく?

ソウルの両替、どこがおトク?

比較的良いレートで両替できるのは、明洞や梨泰院など、繁華街にある公認両替所です。これらは、看板のや$マークが目印。銀行の窓口が16時30分で閉まるのに対し、夜遅くまで営業しているところが多いので便利。特に梨泰院駅1番出口近くのドモア公認両替所や、明洞ロイヤルホテル付近にあるFX KOREA公認両替所は、ソウル留学中の留学生らも利用するほどレートが良いことで有名です。

公認両替所の次にレートが良いのは銀行で、特に明洞のヌーンスクエア前のハナ銀行は、年間を通して比較的良いレートで両替できます。この銀行以外でも、銀行で両替をするなら、外国人観光客のために日本語標示があったり、日本語を話せるスタッフがいる明洞エリアがオススメですよ。

残念ながら、空港やホテルの両替所は、あまりレートが良いとは言えません……。滞在中あちこち両替所を探して歩いたり、何度も両替するのが面倒、どうしてもすぐに現金が必要という場合にとどめておいた方が無難です。それでも、日本で両替するよりはレートが良い場合が多いので、明洞に行く予定のない人や、慣れない外国で両替するのが不安な場合でも、ソウルの空港に到着してからの両替にするといいですよ!

両替のし過ぎに注意

たくさん両替するとロスも多くなってしまいます。カードも上手に使いこなすつもりで、余り過ぎないよう、両替する金額を決めましょう。日本の銀行では、ウォン→円への両替は行っていない所がほとんど。もしもウォンが余ってしまったら、韓国に滞在している間に両替しておきましょう!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。