緑に囲まれた一軒家レストラン ビジャン

レストラン、ビジャン

お洒落な一軒家で伝統のマレー料理が堪能できます。観光客にも人気

ナイトスポットとして知られるチャンカット・ブキビンタン通りに近い洒落たレストラン。緑に囲まれた庭のテラス席は心地よく、店内にはマレーシアの伝統染物であるバティックの布が飾られています。

ここで味わえるのは、純粋なマレー料理。ナシレマイカン(魚つきココナッツミルク炊き込みご飯)、レンダンダジン(牛肉の煮込み)、チュチュウダン(海老フリッター)など、オーセンティックなメニューがずらり。新鮮な魚介、上質なハラルビーフなど、質のいい食材にこだわり、とくにドリアンは高級な“D24”というブランドのみを指定。そんなドリアンチーズケーキはドリアンそのものの強烈な香りで、旅の思い出になるはず。

アルコールの用意もあり、予算はアルコール込みで100リンギット(約2,700円)、アルコール無し50リンギット(約1,350円)ほど。2004年にマレーシア政府観光局によるベスト・マレーレストラン賞に輝いた実力派です。

<DATA>
Bijan
住所:No 3 Jalan Ceylon, 50200 KL
TEL:+60(03)2031-3575
アクセス:LRTのKLCC駅からタクシーで10分、モノレールのBukit Bintang駅からタクシーで10分
営業時間:16:30~23:00
定休日:無休

都会のなかのバンガローハウス トップハット

レストラン、トップハット

南国の日射しが差し込む店内で、のんびりしたマレーシア時間を堪能

クアラルンプールの中心地にありながら、騒々しさとは無縁のレストラン。大通りから1本入った小道に忽然と現れるバンガローハウスは、まさに隠れ家と言えそう。猛暑でなければ外のテラス席を確保して。庭の池が涼を誘います。一方で、クーラーの効いた店内からは、緑の庭を眺めながらゆったりと食事ができます。

料理は伝統のマレー料理と、西洋料理をマレーシア風にアレンジした創作料理の二本立て。看板メニューは、サクサクの皮のなかに細切りの野菜をつめたトップハット。店名にもなっている名物のマレー料理で、帽子をひっくり返したような愛らしい形が特徴。前菜としてスナック感覚でほおばります。カレー、魚料理、サラダなどが1皿に盛られたプラッターもおすすめです。

予算はアルコール込みで100リンギット(約2,700円)、アルコール無しでRM50(約1,350円)ほど。欧米人のゲストが多く、彼らのお目当てはマレー料理店では珍しい豊富なワインです。

<DATA>
■Top Hat Restaurant 
住所:No.3 Jalan Stonor, 50450 KL
TEL:+60(03)2142-8611
アクセス:LRTのKLCC駅からタクシーで5分、モノレールのBukit Bintang駅からタクシーで5分
営業時間:12:00~0:00(LO22:45)
定休日:無休