昨年、パナソニックはサンヨーを完全子会社化したが、パナソニックのPND(ポータブルナビ)の新製品は、なんとサンヨーのポータブルナビの代名詞でもある「ゴリラ」の名前で登場! 従来のパナソニックのPNDは「旅ナビ」だけが残り、もう一つの「ストラーダ・ポケット」は在庫限りで消滅。「パナソニック・ゴリラ」に集約される。

高精細画面のワイドVGAモデルが仲間入り

そんな「パナソニック・ゴリラ」だが、新製品は13モデルもある。もっとも、これはカー用品店で販売する製品と、家電量販店等で販売する製品の型番が異なるためで、型番が異なるものの、中身は同じというものも存在するため、実質的には7機種となる。
01

ワイドVGA7V型のCN-GP710VD

02

CN-GP510VDはワイドVGAの5V型


サンヨー・ゴリラ時代には無かったのが、ワイドVGAモデルだ。文字通り高精細なワイドVGAディスプレイを搭載したモデルで、画面の大きさは7V型と5V型の2サイズ。7V型のカー用品ルート機がCN-GP710VDで家電ルートがCN-SP710VL、5V型のカー用品ルートがCN-GP510VD、家電ルートがCN-SP510VLという型番だ。

この4機種のモニターの画素数は、115万2000画素。QVGAモニター採用の昨年型ストラーダ・ポケットが約40万画素だったから、画素数はおよそ3倍。地図データもワイドVGAモニターの採用にあわせて高密度化しており、地図表示は緻密で美しく細かい文字も見えやすい。地図データを格納するメモリー(SSD)の容量は、16GBだ。

地図の部分更新が可能に

そんな、高精細地図を使った大容量のデータを使っても快適に操作できるように、専用のOSや高速CPU、グラフィック専用チップを搭載。まだ、軽くさわってみただけだが、QVGAモデル同様に、さくさく動く印象だ。ちなみに、JR新宿駅から大阪城までのルート探索は、約4秒で完了するそうだ。

このVGAモデルは、地図を部分的に更新できるフォーマットを採用したのも新しい。専用Webサイトから部分更新データをダウンロードし、SDカードにコピーしてそのSDカードをゴリラ本体に差し込めば、地図の部分更新が可能になる。この部分更新データは、年6回の配布を予定しており、最長3年間(2014年7月まで)は無料でできる。なお、すべての地図データの更新は有料で、年1回の予定だ。

ワイドVGAモニターを搭載しているなら、地デジも12セグの高画質で楽しみたいと思うのが心情だが、残念ながら内蔵チューナーはワンセグ。さすがに、ワイドVGA+フルセグだと高くなってしまうので、断念したようだ。ともあれ、地図はきれいだし、部分更新も可能。SDに保存した動画や音楽も楽しめる。いま、市場ではオンダッシュモニタータイプのナビが無くなってきているが、どうしてもオンダッシュモニタータイプのナビがいい人もいるかと思う。7型モデルなら、その買い換え需要にも十分応えられると思う。