たしか、21歳か22歳ぐらいの頃。生意気にも、恋愛に対して確信を持っていたことがあった。

同世代~28歳ぐらいまでの男性は、今の自分の恋愛相手としては物足りない。29歳~34歳ぐらいまでの男性は、自分が良くても相手には遊びの対象として見られちゃうし。35歳以上の男性だったら、やっとひとりの人間として向き合ってもらえるから、今の自分には40代の男性ぐらいが合っているのかも。

意外と複雑な、20代前半女性の恋愛事情

書いていて申し訳ないぐらい、二十歳そこそこの女子の確信は生意気だった。でも本当に、子供の頃からマセガキで人より早く社会に出た私にとって、ジャストな恋愛相手を見つけることが簡単ではなかった。

男性の気持ちにもっと鈍感だったら、楽だったのかもしれない。けれど、近づいてくる30歳前後の男性の顔には「あわよくばあなたと遊びたい」と書かれているのが読めてしまって、男性を信じられなくなってしまった時期もあった。必死に「男近寄るなオーラ」を出していたりして。

20代前半女性と相性の良い、40代の男性たち

ピグマリオン

歳若い女性に惹かれる理由を「俺が育てている」という言い訳でカバー? 気が合うならのっておくのもひとつの手段

先日、40代のおじさまキラーの女友達からこんなメールが届いた。

「私は自分の恋愛相手をどんどん踏み台にしなきゃつまんないと思ってるの。なんか、性格悪く聞こえるけどそうじゃなくて。年上男性はみんな言うの。俺のこと利用してもっといい女になれって……」

いろんな年代の男性と接していると、年齢によって考えていることや醸し出している雰囲気も違うものだなぁと思うことがある。たとえば、ひとつ気付いたのは、30代の男性にはなくて40代の男性にはあるもの。それが「いい女を育てたい」願望。

特に、社会的ステータスを持っている男性にはこの傾向が強い。欲しいものをすべて買えるようになると次は、いい女を育てたくなる。だから、彼女のように上昇志向が強くて貪欲な女性とは相性が抜群。成長したい&尊敬したい女性と、教えてあげたい&尊敬されたい男性はニーズが合致する。