着物は、6月から9月の4ヶ月間は衣替えをして、夏物を着るとされています。そのうち、6月と9月は単衣、7、8月は盛夏物が用いられますが、いずれも着る時期も短く、袷(あわせ)の着物に比べて手持ちの数が少なくなるのが現状です(参照:「夏着物の種類と着方のコツ」)。そこで今回は、単衣の時期を少ないアイテムでどう乗り切るかということについてお伝えしていきます。


必要なのは着まわし力=コーディネート力!

単衣の時期を少ない枚数の着物で乗り切るには、何といっても着まわし力、つまりコーディネート力がものを言います。盛夏物は、期間中は小物等も夏物を使用するのに対し、単衣は6月は夏物、9月は秋冬物といったように帯を含めた小物で変化をつけます。また、帯が同じでも、帯締めや帯揚げを変えれば全体の雰囲気を変えることができます。


帯+小物で変化させる

■6月の場合
単衣

サーモンピンク単衣+白地博多帯+絽白帯揚げ+夏もの帯締め


■9月の場合
単衣

サーモンピンク単衣+茶系博多帯+秋冬物帯締め帯揚げ


上下とも、着物は同じサーモンピンクの単衣のものですが、帯、帯締め帯揚げ、半衿を変化させることによってそれぞれこれから夏に向かっていく6月、秋冬に向かっていく9月の雰囲気を出しています。

次は、小物で変化させるパターンを紹介します >>