上布、絽、紗……夏には夏物の「薄物」の着物を!

夏は暑さが影響してどうしても着物は敬遠されがち。そんな時こそ涼しい顔で着物を着てみるのも、また究極のオシャレのひとつ。そこで今回は、夏物についてご紹介します。

着物の衣替えについて

着物は、10月から5月までを袷(あわせ・裏地のあるもの)、6月と9月は単衣(ひとえ・裏地のないもの)、7月と8月は盛夏用の薄物(うすもの)を着るとされています。今回はその中でも、薄物に焦点を当てて紹介します。最近では、エアコンの発達によって冬春もの、夏秋ものという区別があまりなくなっているように思いますが、季を楽しむ上でもこの習慣をぜひ取り入れてみましょう。

薄物の着物の種類

薄物とは、たて糸とよこ糸の密度が粗く、透ける生地の総称です。
上布(じょうふ)、紗(しゃ)、絽(ろ)が一般的に挙げられます。

■紗(しゃ)とは
紗の無地

紗の無地

搦(から)み織の一種。よこ糸1本を打ち込むごとに、2本のたて糸を交差させた織物。もじり織ともいわれる、染色織物の一つ。 たて糸を震わせてよじれさせ、その中によこ糸を通して織るので、折目に隙間ができ通気性が良い。

 

かなりの透け感がある

かなりの透け感がある

とても透け感があり軽いので盛夏用の着尺地、羽尺地に用いられる。西陣、桐生、五泉などが主産地。

 

■絽(ろ)とは
絽の小紋

絽の小紋

絹織物の一つ。搦み織の一種で、盛夏用の染め生地の一つ。紗は搦み織のみで織られるのに対して、絽は平織を交ぜて織る。

 

よこ絽

よこ絽

搦み織の部分に隙間ができるが、これを絽目という。織り方によって絽目が横に連続するものを「よこ絽」、縦のものを「たて絽」という。また、使用する糸によっても、「壁絽」「絽縮緬」などがある。

 

■上布(じょうふ)とは
宮古島上布

宮古島上布

良質な麻織着尺地のこと。上等な布の意。幅、丈などは普通の着尺地と同じで細糸を原料にして密に織上げてある。苧麻(ちょま)の手紬糸やラミー糸を用いたものは、すべて上布と呼ぶ。

 

麻の糸で織られている

麻の糸で織られている

越後、宮古島、八重山、能登の産地に由来して、「越後上布」「宮古島上布」「八重山上布」「能登上布」などがある。最近は、これに模倣して絹糸で織られたものを絹上布などと呼んでいる場合もある。





夏の帯の種類

左からち単博多、紗袋帯

左からち単博多、紗袋帯

帯も綴(つづれ)、紬(つむぎ)、単博多(ひとえはかた)、綿、絽、絽綴(ろつづれ)、麻、紗などがあり、着物に合わせて選びます。今は夏冬ものの区別をあまり気にしないとはいえ、着物の透け感とのバランスを考えて帯も軽く透け感が大きいものをしめます。

 

左から紗献上、麻の名古屋帯

左から紗献上、麻の名古屋帯

夏の帯も、格の高いものからカジュアルなものまであるので、着物の格に合わせて帯を選ぶことが大切です。着物のコーディネートに大切なのは、格、色柄素材、周りとのバランスと心得ましょう。





夏の小物の種類

帯締め帯揚げも透け感のあるものを

帯締め帯揚げも透け感のあるものを

帯締めや帯揚げ、半衿も絽や紗、麻などを使用します。








薄物の着方のコツ

薄物は透け感のあるので、特に薄い色の着物だと中に着ている長襦袢や下着類が表に響いてしまうことがあります。紗の着物などは、それを利用してあえて色のついた長襦袢を着て透け感を楽しむこともありますが、そういう場合は別として下着の線や長襦袢の色、そして特に丈に気をつけることが大切です。


洗える着物の活用

夏はどうしても汗をかきやすいもの。かと言って正絹の着物だと毎回クリーニングに出すのもお金がかかって大変。そんな時は家で洗濯可能の「洗える着物」がおすすめです。既成の安いものであれば2~3万で買えます。以前と違って今は、肌触りや風合いなど、プロでも見分けがつかないほど正絹に近いものも多いので、さらっと着物を着たいという方はぜひ試してみてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。