メーカーがPSPで作りたい理由

また、ユーザーニーズだけではなく、開発・販売側の目も携帯ゲーム機に注がれてきている。比較的開発費のかかる据え置きゲーム機を避け、携帯ゲーム機やソーシャルゲームに注力するメーカーが増え続けているからだ。

PS3、Xbox360といった高性能ゲーム機では開発費がかかる。そこで海外市場にも目を向けてグローバルな販売戦略を取ったメーカーもあるが、手法としては非常にリスクが高い。目の肥えた海外ユーザーを納得させるためには、やはり巨費を投げ打って開発せざるを得ない為だ。

だからといって手を出さないことには開発力が養われない。だが比較的開発費のかからないWiiやDSでヒットさせるには独特の難しさがあり、任天堂並のヒットはなかなか生み出すことが出来ない。

そこで、PSPというマーケットは非常に魅力的だ。
何せ今まで培ったノウハウがそのまま活かせるし、ユーザー層もPS、PS2と重なっている。PS2の続編をPSPで販売するケースが増えるのも無理はない。

そうすると徐々にPSPに注力するメーカーが増え、ユーザーも増える。
およそそんな理由でPSPの市場は今、広がりを続けている。

懸念材料がないわけではない。
PSPの次機種となるNGPやライバル機である3DSの存在、そして「PSPは海外マーケットでは壊滅的」という事実だ。

NGPとPSPが共存する理由

NGP

期待の新デバイスNGP(仮称)!

NGPはPSPとの互換性こそ持つものの、UMDスロットは廃止される。
つまりPSPのゲーム資産はほぼ引き継がれないということになる。

しかし、PSP版タイトルのダウンロード購入が可能なため、新しいゲーム機のローンチに置いて問題になる「ソフトウェア不足」は解消されるし、NGPで継続してプレイしたいタイトルは今のうちにダウンロード購入しておくという手もある。

本体設計の足枷ともなりうるディスクメディアを撤廃したのは、英断だと言える。
それに加えてNGPではPlayStation Suiteにも対応する。
これはAndroid端末でもPlayStation Networkなど、PlayStationのサービスを受けることが出来る規格である。

すでに海外で発売されているソニーエリクソンのスマートフォンXperia Playも対応しており、先ごろ発表されたソニーのタブレット端末Sony Tabletにも搭載予定だ。

こうしてみると、あらゆるサービスがソニーグループ全体に浸透していくのが見える。カジュアルゲーマーからコアゲーマーまで全部掬いとってやろうという意気込みが見えてきそうだ。

このようにNGPはPSPとは若干コンセプトも異なり、完全には競合しない。NGPが発売されてもPSPは並行販売されることになるだろう。