3DSがPSPと競合しない理由

3DSにおける「実際に手に持たないと魅力がわからない」という特徴は、マイナスにもプラスにも作用しうる。同様の特徴はWiiもDSも持っており、今まではキラータイトルに恵まれたこともあり、大きくプラスに作用した。

3DSがプラスに転じるかどうかはキラータイトルの登場にかかっていると言っていい。

ただ、先に挙げたWiiの失速は、「キラータイトルが継続して発売されなければユーザーを引きつけ続けることは難しい」ということを如実にあらわしていると言える。

PSPは登場時からコンセプトが分かりやすかったが、普及には意外に苦労している。ここに来て豊富なタイトルが活きているが、長い不遇の期間も経験した。
不遇の間に培った「PSPらしさ」は十分3DSにも対抗出来るだろう。

3DSはグラフィック性能が弱いこともあり、PSPとは違ったマーケットを形成すると思われる。

NGPが海外で何とかなりそうな理由

PSPにおける最大の問題が「海外マーケットで壊滅的である」ということ。
日本ではこれほどまでに支持される端末でありながら、海外では実に奮わない。
理由は幾つかあるが、海外でのDSの販売実績を考えるに、市場としてはしっかりと存在しているのだろう。

そういう意味ではNGPが、PSPの切り開けなかった市場を打破する切り札といえるかも知れない。
販売終了がアナウンスされたPSP goという端末がある。
ディスクスロットのないPSPという先進的なコンセプトでありながら、全然売れなかった。しかしNGPに繋がる「ダウンロード購入」の架け橋として、存在意義は大きかったのではないだろうか。

PSPの好調ぶりは、そのままNGPへの期待感に繋がっていくのかも知れない。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。