ティーダの兄弟車もスゴい!


日産ティーダ

先代とは大きく異なる印象を感じさせるグリルやランプ。リアコンビランプには、ジュークに通じるエッセンスが取り入れられている

中国仕様に搭載されるエンジンは1.6リッターの「HR16DE」。ジュークと同じ1.6リッターの過給エンジンもラインナップするという。1.5リッターエンジンを搭載する新型サニーより少し格上という位置づけになるか?

もちろん日本仕様のティーダには1.5リッターもあると思う。ちなみにティーダとサニーは、メキシコ工場で生産される「ヴァーサ」という兄弟車を持つ。このクルマ、日本車の最安モデルとして人気。新しいヴァーサを4月20日から開催されたニューヨークショーで発表されたのだけれど、価格見てビックリ! ライバルである現代自動車のアクセントより安価!

同時に発表された新型アクセントは2500ドルも値上げして1万2445ドルに。一方、ヴァーサが1000ドル値上げの1万990ドルで、米国最安車になった。日本車が韓国車より安いというのだから驚く。インパクトのある価格じゃないとダメだ、という危機感の現れなんだろう。

今や日産は、日本を除くと世界規模で売れ行きを延ばしている。なかでも中国市場は日本のメーカーじゃダントツ。地域毎の販売戦略を見ても見事だと思う。採用している技術レベルは高くないものの、地域が必要としているモデルを、ライバルより割安に提供しているのだった。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。