CSS Spriteのソース

HTMLは、以下のように記述しておきます。ul要素とli要素を使って「リスト」の形で記述していますが、これは例であって必ずしも「リスト」にしなければならないわけではありません。
<ul>
   <li><a href="#" class="Eigo">英語</a></li>
   <li><a href="#" class="Kokugo">国語</a></li>
   <li><a href="#" class="Sansuu">算数</a></li>
   <li><a href="#" class="Rika">理科</a></li>
   <li><a href="#" class="Syakai">社会</a></li>
   <li><a href="#" class="Ongaku">音楽</a></li>
   <li><a href="#" class="Kateika">家庭科</a></li>
   <li><a href="#" class="Zukou">図工</a></li>
   <li><a href="#" class="Shodou">書道</a></li>
   <li><a href="#" class="Seikatsu">生活</a></li>
</ul>
リストの項目ごとにCSSで画像を表示させるため、a要素にclass属性を付加して、クラス名を指定しています。同じ画像を表示させたい箇所があれば、同じクラス名を指定して下さい。

CSSソースは以下のように記述します。結合した画像ファイルは、allicons.gifというファイル名にしてあります。ul要素・li要素に対する装飾も記述していますが、HTMLを「リスト」の形にしなかった場合は、それらの記述は不要です。
/* ▼必ずしも必要ではないデザイン用ソース */
ul { list-style:none; padding:0; margin:0; }
li { height:35px; margin-bottom:5px; overflow:hidden; }

/* ▼これ以下が「CSS Sprite」用ソース */
li a {
   background: url("allicons.gif") no-repeat top left;
   display: block;
   padding-left: 40px;
   padding-top: 9px;
   height: 35px;
}

.Eigo    { background-position: 0 0;  }
.Kateika { background-position: 0 -85px;  }
.Kokugo  { background-position: 0 -170px;  }
.Ongaku  { background-position: 0 -255px;  }
.Rika    { background-position: 0 -340px;  }
.Sansuu  { background-position: 0 -425px;  }
.Seikatsu{ background-position: 0 -510px;  }
.Shodou  { background-position: 0 -595px;  }
.Syakai  { background-position: 0 -680px;  }
.Zukou   { background-position: 0 -765px;  }
上記のHTMLソースとCSSソースを合わせて表示すると、以下のように見えます。

IE9、Safari5、Chrome10での「CSS Sprites」サンプルの表示例

IE9、Safari5、Chrome10での表示例 (いずれもWindows7版)


実際にお使いのブラウザでサンプルを表示させてみたい場合は、CSS Spriteサンプルページをどうぞ。

以下に、簡単にCSSソースの説明を記しておきます。

■background: url("allicons.gif") no-repeat top left;
画像を横方向に結合した場合、今回の方法だと余計な画像が表示されてしまう。

画像を横方向に結合した場合

複数画像を結合させた画像「allicons.gif」は、ここでは背景画像として使うため、backgroundプロパティを使って表示するよう記述しています。

なお、各アイコン画像の横に文字などを表示させる場合は、画像を縦方向に結合させておく必要がある点に注意して下さい。横方向だと、(今回の方法では)右図のように、無関係な画像まで一緒に表示されてしまいます。

■display: block;
ここではa要素(インライン要素)を使って実現しているため、ブロックレベル要素として描画されるようdisplayプロパティの値に「block」を指定しています。

■padding-left: 40px;
「画像の横幅」+「望みの余白量」を内側の余白量(padding)として指定します。

[画像の横幅]+[望みの余白量]を指定

画像と文字の幅を空けるための指定です。画像の横幅が35pxなので、5px分の余白を加えて40pxを指定しています。

なお、marginプロパティではなくpaddingプロパティを使っているのは、アイコン画像もクリックできるようにするためです。

■padding-top: 9px;
文字が縦方向で(できるだけ)中央に寄って見えるようにする指定です。ぴったり中央になるわけではありません。値は画像サイズに応じて適宜調整して下さい。

■height: 35px;
各画像を余白なしで結合していると、要素の高さによっては余計な箇所が見えてしまう。

各画像間に余白を設けなかった場合

表示するアイコン画像の高さが35pxなので、a要素の高さもそれにぴったり合うよう同じサイズを指定しています。

デザインによっては、「要素の高さ」を「画像の高さ」よりも高くしたい場合もあるでしょう。そのとき、アイコン画像を隙間なく並べて結合していると、右図のように余計な箇所まで見えてしまいます。あらかじめ画像間に十分な余白を設けて結合しておけば、後から「要素の高さ」を試行錯誤してみたくなっても、面倒な手間がかかりません。

background-position: 0 0; ~ background-position: 0 -765px;
各クラスでは、background-positionプロパティにマイナスの値を指定しています。これによって、(複数の画像を結合させた画像内から)特定の画像だけを表示できます。詳しくは、次のページで解説します。

ここでは、「a要素の背景画像として表示させる」方法を使いました。リンクにする必要のない画像であれば、a要素以外の要素(例えばspan要素など)を使って作っても問題ありません。

なお、この方法で表示させる場合、画像が表示されない環境はもちろん、CSSを解釈できない環境ではアイコンが見えません。その場合に備えて、文字も併記するようにしておきましょう。もちろん、デザイン目的で掲載している場合など、「表示されなくても支障がない」画像であれば、文字はなくても構いません。

最後に、background-positionプロパティの値にマイナスを指定することで、なぜうまく表示されるのかを解説しておきます。