褒めテクニック2:内面を褒める

上目遣いの女性

相手のことをよく見ていないと、内面を褒めることはできません。だからこそハートに響くんです。

褒め下手な人は、「おだてなくては!」と焦ったときに、目に見えるものを褒めがちです。「その服、いいですね」ととっさに褒めたものの、意地悪な捉え方をする人は「服“は”、いいんでしょ」と返すので、それ以上褒められなくなってしどろもどろになり、ますます相手を不愉快にさせるという悪循環。

褒め上手な人は、一歩進んで相手の内面を褒めます。

特にその人自身の努力によって得た能力は、評価してもらいたいのになかなか褒めてもらえないポイント。気遣いやセンスの良さ、優しさ、知識量。持っている才能や頭の回転の速さなども心をくすぐります。

また、外見を褒められ慣れている人にとって、外見の美しさを褒められても心に響かないので、内面を重点的に褒めると良いでしょう。

褒めテクニック3:褒めてもらいたいポイントを具体的に褒める

「○○さんってえらいですよね」と褒められても、挨拶代わりの社交辞令に聞こえてしまいます。漠然とした褒め言葉は、誰にでも言うことができて簡単。それゆえ、相手には響かないのです。

努力していること、自信を持っていること、自分からは言わないけど自慢したいことなど、誰にでも人に気付いてもらいたいことがあるはず。そのようなポイントを見付けたら、できるだけ具体的な理由も添えて褒めましょう。

「こんな大量のデータを一瞬でわかりやすいグラフにできるなんてすごい!」
「センス良い人が服を選ぶと、安くても高そうに見えるんですね。買い物上手!」

具体的に褒めることで、「あなたのことをちゃんと見ていますよ」というアピールにもなります。