塚口、いかり

写真は「いかりスーパー」発祥の地である塚口店

阪神間を中心に展開する「いかりスーパー」には品物が良い=高級=金持ちのスーパーといったステレオタイプなイメージが強くあります。そのせいもあって「いかりスーパーの駐車場には外車しかとまってない」等とまことしやかにいわれたりしますが、さて、本当にそうなのでしょうか?

というわけで阪急神戸線沿線にある「いかり塚口店(阪急「塚口」駅)」「いかり夙川店(阪急「夙川」駅)」「いかり芦屋店(阪急「芦屋川」駅)」「いかり岡本店(阪急「岡本」駅)」の4店の駐車場に停まっている車にどれだけ外車が多いのかを調査してみました。結果は以下の通りです。

いかりスーパーでは3台に1台が外車! 

国産車と外車

 

 いずれも平日の午前中に調査しました。いちばん右の列が4つの駐車場に停まっていた外車と国産車の各々の台数で、左側は過去4年間の輸入車と国産車の新車登録台数の数値です。2007年から2009年にかけて毎年輸入車の比率が下がっている事がわかり、それはそれで勉強になるのですが、今回の趣旨はそこではありません。みたいのは「世間ではどれくらいの数の外車があるのか?」という事。

全国平均では過去4年間の新車登録のうち7.4%が外車。同じように「いかりスーパー4つの駐車場」での台数をみてみると、外車率は34.5%。なんと全国平均の約4.7倍という大変高い数値です。

ただし7.4%は「全国」での話。外車ディーラーが多くある首都圏や関西圏に限ってみると比較するべき元の数値が違ってきます。また、「普通のスーパーの駐車場」との比較もする必要があるでしょうが、そちらもまた機会があれば行ってみたいと思います。が、34.5%、すなわち「3台に1台は外車」というのはやはりすごい結果。ベンツに乗りたいが目立ちたくない人や、ベンツを見るのが大好き!といった方は「いかりスーパー」のお近くに住むのがおすすめですね。

次のページでは、気になる「4つの駐車場での内訳」ご紹介いたします。