1年制と2年制があるということですが、どのように違うのでしょうか?

金魚鉢

グループで議論する部屋がガラス張りで教授室に囲まれていることから金魚鉢と呼ばれている

1年制は、基本的に全日制のビジネススクールになります。ですので、仕事をしながら通学することができませんが、1年でMBA取得が可能です。

2年制は基本的に仕事をしながらMBAを取得したい人向けです。夜間だけでも卒業できますが、昼間にしか行っていない授業もあるので、会社のある人は半日休暇を取って来ています。

各学年1年制が15名、2年制が25名程度です。先程のMBA特別プログラム(1年間)の20名と併せて全体で60名になります。

費用はどの程度かかりますか?

自習室

レポートなどを行う自習室

1年制の場合240万円、2年制の場合2年間で約260万円となります。MBA特別プログラムの場合、20万円が別途かかります。奨学金も充実しているので、優秀な学生の応募をお待ちしています。

 

企業派遣と私費の方の割合はどの程度ですか?

毎年企業派遣は5~10名なので、15%程度でしょうか。中堅企業の跡取りで、地方から来ている学生が多いのが特徴です。福岡、広島、北海道などからご両親を説得して上京してきています。

授業の特徴は?

専任教師14名の内、大学で研究だけしてきた人間はわずか2名。残りの12名はビジネスの一線で活躍してきた人ばかりです。また、当法政大学ビジネススクールの前身となる大学院の修士号や博士号取得者を多く教員として迎え入れているところも特徴です。意味するところは、学生のニーズがわかった人間が、実践的な授業を行うことでしょうか。

また、日本企業のケースを徹底的に使うところも特徴です。私は、マーケティングを教えているのですが、授業で利用する企業のケースは全て日本企業です。このようなビジネススクールは他にないと思います。

静岡のサテライトキャンパスはどういったものですか?

静岡で働いている学生が対象で、夜間の2年制になります。月曜日から木曜日は、東京と静岡を結んでの遠隔授業と対面講義の2本立てです。そして、学生は土曜日に東京に出てきて東京市ヶ谷キャンパスで勉強します。毎年5名程度の学生がいます。