さて——
真飛さんの初舞台公演(1995年3月31日~)『国境のない地図』は、阪神淡路大震災で被災した宝塚大劇場の復興第一作目の公演でした。初舞台生のゆうさんも思ったことでしょう。「初舞台、踏めるだろうか…?」「お客様はいらして下さるだろうか…?」……。しかし劇場もお客様も戻ってきてくれました。舞台に立てる感激も、ひとしおだったことでしょう。
そしてこのサヨナラ公演では東日本大震災が。公演すべての中止には至りませんでしたが、2公演ほど中止となりました。

「YU-思い出の舞台集&サヨナラショー-」

(C)宝塚歌劇団 (C)宝塚クリエイティブアーツ

舞台に立てるということは当たり前のことではない…。それを心底感じ、1回1回大切に演じてきた舞台。
16年間、多くの苦労や悩みはあったでしょうが、舞台に立てる喜びを誰よりも感じたトップスターだったことでしょう。

宝塚の男役の真飛 聖を、花組トップスターの真飛 聖を……私たちは「忘れない」「忘れられない」「忘れたくない」…。

ゆうさん、ありがとう。
お疲れ様でした。


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で宝塚のCD・DVDを見る

Amazonで宝塚のDVDを見る


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。