グレード選びは自分のスタイルを見極めて

プジョー207

5ドアハッチバックは最高出力120psの1.6リッターエンジンに4ATの組み合わせ、10・15モード燃費は11.2km/lとなる。ボディサイズは全長4045mm×全幅1750mm×全高1470mm。価格はエントリーモデルのスタイルが199万円、プレミアムが219万円、レザーシートなどを採用した豪華装備のシエロが249万円

プジョー207CC

リトラクタブルメタルルーフを備える4シーターオープンのCC。価格はプレミアムが299万円、インテグラルレザー内装や17インチアルミホイールを備えるグリフが334万円となる

VWポロやトヨタヴィッツのクラス、いわゆる欧州Bセグメントに属するプジョーの大黒柱コンパクトカーである。実はプジョーの海外ラインナップにはこの下に107や206+が用意されているけれども、より安価な下位モデルたちよりも欧州市場では207シリーズが売れている。

日本へは、いずれも1.6Lガソリンエンジン+4ATを積む、5ドアハッチバック/SW(トールワゴン)/CC(クーペ&カブリオレ)の3車型が輸入されているが、マニアックな要素を残したモデルも1台=3ドアハッチバックの6MT+直噴ターボエンジン車、をちゃんと残している点などは、いかにもプジョーらしい。ちなみに、この4気筒ガソリンエンジンはBMWとの共同開発である。

プジョー207SW

ハッチバックより全長が120mm、全高が65mm大きいSWと呼ばれるワゴンモデル。価格は254万円

ハッチバックモデルは非常にオーソドックスな仕立て、SWはファミリィユースにも応える実用性がウリで、CCは言ってみればアヴァンギャルドと、ひとつのモデルの中にプジョーらしい小宇宙が広がっている。

実用ブランドとして本来乗り手を選ばないプジョーだけれども、乗る方からしてみればたとえ同じ車名のモデルであっても自分のスタイルを見極めてからグレードを選ばなければいけないということ。このあたり、個人合理主義の強いお国柄が出ているのかも。

プジョー207

最高出力156psの1.6リッターターボに6MTを組み合わせるスポーティな3ドアハッチのGT。価格は266万円

モデルデビューは2006年。3もしくは4ケタ数字を車名とするプジョーでは、1の位がモデルジェネレーションを表す。最新モデルが8を名乗りつつあるから、207もあと数年で208へとモデルチェンジを果たすことだろう。もっとも、この雰囲気はおそらく当代限り。今の見栄えが好きならば、狙って損はない。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。