ペインクリニックとは

ペインクリニックとは、ペインクリニックが行う治療方法、神経ブロック治療、心理療法、リハビリ

ペインクリニックは、神経ブロックから薬治療、リハビリ、心理療法まで、患者さんの痛みに合わせて、様々な角度から治療します

「ペイン」とは英語で「痛み」のこと。すなわちペインクリニックとは、痛み治療を専門として診療する病院です。

外科は主に手術、内科は主に薬で治療しますが、ペインクリニックは主に「神経ブロック治療」で痛みの緩和治療を行います。この他にも、漢方を含めた内服治療、リハビリ理学療法、鍼から心理療法まで、痛みに有効な治療方法を組み合わせ、総合的に痛み診断と治療を行うクリニックなのです。

ペインクリニックで治療できる症状・病気

ペインクリニックで治療できる病気は、発症から1ヶ月以内の急性痛はもちろん、半年以上続く慢性痛まで、頭の先から足の先まで、痛みを伴う病気すべてです。痛みに関わる症状であれば、頭痛、肩こり、腰痛、五十肩、筋肉・関節痛、閉塞性動脈硬化症などの血流障害による痛み、糖尿病など代謝障害が原因で起こる痛み、三叉神経痛など神経が原因で起こる痛み、そして癌による痛みまで、幅広く扱います。

厚生労働省の平成19年国民生活基礎調査「感じている自覚症状」では、男性は「腰痛」、女性は「肩こり」を一番多く訴えていることがわかりました。腰痛と肩こりは、ペインクリニックが最も得意とする病気。特に女性の自覚症状ベスト5である、肩こり、腰痛、手足の関節痛、頭痛、体のだるさは、全てペインクリニックでの治療対象です。すなわち、ペインクリニックを受診すべき患者さんの数は、潜在的には日本で最も多いと言えます。

腰痛、肩こり、鼻水、関節痛、体がだるい、症状

日本人が訴えた症状 TOP5

ところが、平成19年度の調査結果を平成16年度のものと比較すると、いずれの自覚症状を訴える方も増加していることがわかります。これは、たかが肩こり、腰痛と考えて適切な治療を受けていないか、病院で治療しても治っていないかのどちらかです。

私が治療を行っているペインクリニックでも、初めて受診される患者さんから、こんな声をよく聞きます。
「エックス線を撮っても異状がなかったので、痛み止め(消炎鎮痛剤)とシップをもらって、電気治療とけん引治療を受けてきましたが、痛みが取れなくて……。」
「マッサージや鍼に行きましたが、スッキリ治りません。」
「仕事が忙しくて、毎日リハビリに通えません。」
「医者に訴えたけど、年齢だから仕方ない、と言われて辛くなった。」

確かに、軽い腰痛や肩こりなら、鎮痛剤やシップ、リハビリなどの理学療法が有効でしょう。しかし、慢性化した腰痛や、痛くてぐっすり眠れない肩こりなら、治療方針の再考や痛みの専門治療が必要です。徐々に痛み止めを飲む、シップを貼る以外の治療方法があることが認知されれば、この調査結果にも変化が現れるかもしれません。

日本では、病気とは普遍性、再現性、客観性が要求され、「痛いのなら、必ずその原因となる器質的疾患や組織障害が存在する」という考えに基づき、診断と治療が長期間行われてきました。その結果、心因性や主観に基づく「痛み」を病気と捉える土壌は、未だ不十分です。検査で体に異常がないから治療方法がない、ということではありません。「体」と「心」を切り離すことなく、全人的に痛みを捉え治療することが求められています。

ペインクリニックの治療方法

ペインクリニックでは、色々な治療方法を組み合わせ、総合的に痛みの治療を行います。
神経ブロック、ステロイド、脊髄刺激療法、コルセット、痛みの治療方法

ペインクリニックが行う痛みの治療方法

  • 神経興奮の伝導を遮断する神経ブロック療法
  • 痛み続ける神経の興奮を抑える内服治療
  • 痛みの部位に刺激を与える刺激鎮痛法
  • 鍼灸治療
  • リハビリ・運動・理学療法
  • 心理療法
  • 手術療法

ペインクリニック治療の流れ

ペインククリニックでは、痛みの診断と治療を行います。

痛みの診断は、まず問診、血液検査、レントゲンX線検査、CT・MRI検査などを行います。特に、ペインクリニックでは問診が重要。痛みは外から見ただけではわかりません。患者さんの訴えが最大の情報源となります。ペインクリニックを受診する場合には、以下のことをぜひ伝えましょう。

  • いつから、どんなきっかけで、どこが、どのくらい痛いのか?
  • どんな痛みを感じるのか?
       ……ズキンズキン、電気が走るような、突き刺さるような、
               締め付けられるような、ピリピリする、重くて鈍い痛み、など
  • 持続的な痛みか、突発的に起こる痛みか?
  • 安静時にも痛いのか、睡眠中も痛いのか、動くと痛みは変わるのか?
  • どんな治療方法を受けてきたのか?
  • 効いた治療方法はあるのか?
  • 治療方針の希望
       ……今まで受けたことがない治療方法を受けてみたい、漢方を試したい、
              ブロック注射は怖いので受けたくない、
              リスクがあっても本当に効く治療方法を探している、など

痛み治療は、継続的に心のケアまで見据えた取り組みが必要です。患者さんが納得し、満足が得られる痛み治療が受けられるよう、ペインクリニックはあらゆる工夫をこらします。ぜひ悩みがあれば気軽に相談し、疑問があれば率直に医師に質問してください。なぜなら、良好なコミュニケーション関係を構築することで、痛みの治療成績は向上するからです。

ペインクリニックが必要な理由

ペインクリニックを訪れる患者さんは、激痛や長期化した痛みに耐えています。治療を受けてもなかなか治らない痛みに焦りや不満、そして不安を感じ、持続的に緊張し、自律神経に影響を及ぼす方もいます。外からは見えない痛みを周りに理解してもらえない心理的要因や、仕事・ストレスなどの社会的要因も痛みに影響し、不眠症やうつ病を併発することもしばしば。なぜなら、痛みは「心」と「体」が深く絡み合った症状だからです。痛み止めの内服治療だけを継続しても、良好な結果につながらない理由もお分かりいただけると思います。

痛みの治療をする場合、痛みを発信する神経や痛みを感じる脳を、切り取ってしまうことが出来れば、そんな簡単な話はありません。神経や脳を取り除くことなく痛み治療を行うので、ペインクリニックでは多角的かつ継続的に痛み治療を行います。それでも残念ながら、ペインクリニックなら痛みが100%絶対に治る、とは言い切れないのが現実。しかし、ペインクリニックは痛みで苦しんできた患者さんが、普通の生活が普通に送れるよう最大限の治療を行います。痛みに耐えて暮らす患者さんにとって、「痛みのために何もできない」から「痛みがあっても、〇〇ができるようになってきた」という喜びは、何物にも代えがたい感動です。痛みで悩む患者さん一人一人に、前向きに人生を生きる応援をする病院が、ペインクリニックなのです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項