全米最大級! ロサンゼルスのローズボールフリーマーケット

全米最大級のフリーマーケット

全米最大級のフリーマーケット

毎年1月1日に、アメリカカレッジフットボールの試合が行われることでも有名な、ロサンゼルスのパサディナに位置するローズボールスタジアム。ここでは、毎月1回、第2日曜日に全米で最大規模のフリーマーケットが行われています。

このフリーマーケットに合わせてロサンゼルスにやってくる人も多いほど、これは世界的に有名なフリーマーケット。出店は、毎回2500店以上。そして来場者は約2万人。1日では見て回れないほどのお店数を誇ります。

入るには入場料が必要!

ローズボールのフリーマーケットに入るには、入場料が必要です。これはアメリカのフリーマーケットでは珍しくないシステムなのですが、ローズボールは早い時間に入る人ほど高くなっているのが特徴です。

料金は早朝5~7時の間に入場できるVIPパスが20ドル。7~9時に入場できるアーリーパスが15ドル、そして9時以降の一般パスが8ドルです。店舗が多いとはいえ、出店者がお店の準備を始めるのも5時ぐらいからなので、大量買い付けをしたい人以外は、9時以降の入場でOK。でも、15時ぐらいにはほとんどのお店が閉まるので、12時過ぎてからの入場ではすべてのお店を見て回ることはできません。

未発売の商品から古着までが揃う

商品は非常にユニークなものが多い

商品は非常にユニークなものが多い

日本でフリーマーケットというと、一般の人が要らないものやリサイクル商品を売っているというイメージがありますが、アメリカのフリーマーケットにそういった印象はなく、普段は店舗を持って営業しているお店がそのままフリーマーケットに来たという感じです。そのため、小さなブースはとても少なく、バスケットボールコート1つ分ぐらいの大きなブースでの出店が非常に多いです。もちろん、お店で買うより激安で買えてしまいます。

商品は、洋服や古着、アクセサリーなどのアパレルやパワーストーン、アーティストの1点物の作品や民芸品、アンティーク、iPhoneカバーなどの携帯アクセサリー、電化製品など様々。

ロサンゼルスは様々な国の人が集まっている場所。アフリカや南アメリカの民芸品など、見たことのないような面白いグッズがたくさんで、見て回るだけでも楽しいです。また、新商品の試し売りの場や市場調査にも利用されているようで、未発売の面白い電化製品などを試すことができます。

出店するには?

ローズボールのフリーマーケットは誰でも出店することができます。出展料はブースの大きさによって違い、一番小さいブースで25ドル。畳2畳分ほどの大きさです。そして一番高いブースで160ドル。申し込みと支払いは、オフィシャルサイトから可能です。ただ、支払いの後、インフォメーションが手紙で送られてくるので、アメリカの住所が必要。きちんと手紙を受け取れるなら、滞在先の住所でも問題ありません。また年に3回以上出店する人は、カリフォルニアのリセラーパーミット(販売許可)が必要です。

<DATA>
Rose Bowl Flea Market(ローズボールフリーマーケット)
住所:1001 Rose Bowl Dr. Pasadena, CA 91103
TEL:1-323-560-7469
アクセス:メトロゴールドラインメモリアルパーク駅からパサディナアーツバス51番Seco St/Arroyo Blvd下車
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。