物理的にも精神的にも厳しい状況が待つ「離婚」という選択

離婚か修復か

「どうしても許せないことがあったけれど、でもまだどこかに“好き”という気持ちがある……」なら、修復という道を選ぶのもアリです

夫婦の間でトラブルが起きたとき、「もう離婚しかない!」「許せない! 別れるべき!」そんなふうに思うことは珍しいことではありません。むしろ、離婚を考えたことのない夫婦のほうが少ないのではないでしょうか。

ところが、きっかけはどうであれ実際に離婚をするとなると、生活が一転するほど物理的にも精神的にも厳しい状況が待ち受けています。

そこで今回は、離婚を考えたときにぶつかる「現実の壁」について、お話ししましょう。


本当に「離婚」という選択でいいの?

まずは、離婚を考えたきっかけに立ち返って考えてみましょう。「なぜ、そんなにパートナーと別れたいのか?」を。相手に愛情があるから許せないと思うのであれば、離婚という結論を出すにはまだ早い時期でしょう。

どうしても許せないけれど、ほんの少しでも“好き”と思う気持ちがあるならば、精一杯やり直す努力をしてみることをおすすめします。そのほうが、結果的に別れることになったとしても「やるだけのことはやった」と、その後の自分に自信を持って生きていかれるからです。


素直に謝れない人・なかなか許せない人は要注意!

「謝ることと、許すこと」。書けばたったの10文字で済んでしまうことですが、これができない人は意外と多いもの。自分から素直に謝ったり、相手が謝ってきたら許したり……これができるかできないかで人生の流れがガラリと変わってしまいます。

今さらパートナーに自分の感情を伝えるのは、照れくさいし恥ずかしいと思っている人は、会話という手段ではなく、メールや手紙だって構いません。大切なのは、「心から後悔している」という気持ちを真剣に伝えることなのです。

それでも、こみあげてくる感情が抑えきれず「やっぱり離婚しかない!」という思いにとらわれたら、離婚にともなう次の3つの壁のことを考えてください!


壁その1:「離婚後の生活」を考える

決断

幸せになるための決断をすることが大切。後悔のない人生を選ぶのは自分なんです!

「離婚したらしたで、なんとかなるでしょ」という甘い考えで離婚をするのはおすすめできません。離婚は、想像以上に厳しかったり、やっかいだったりするので、勢いや感情で決めるのは後悔するもとだからです。

最低でも、「住むところは確保できているか?」「生活していけるだけの、定期的な収入のあてはあるか?」というふたつの問題だけでも、しっかりと解決してから離婚を決意しても遅くはありません。とにかく、離婚後の生活を考えることは、必要不可欠でしょう。


壁その2:「子どものこと」を考える

「情緒不安定にならないだろうか?」
「姓が変わったら、友達になんて伝えるのだろう?」
「親をうらむだろうか?」

というように、お子さんがいる人は、離婚した場合のあらゆる場面における、子どもの気持ちを考えてみてください。それでも「離婚しか選択肢はない!」とキッパリ言えますか?

もしも、「子どものことを考えたら、自分はガマンができそうだ」と思うのであれば、離婚は思いとどまってみるのも手。離婚という方法以外で、問題を取り除くための努力をして、それでも解決しないようであれば、再び考えてみてもいいのではないでしょうか。


壁その3:「自分の幸せ」を考える

住まいのこと、仕事のこと、子どものこと、親のこと、再婚のこと……など、総合的に考えたときに、「このままじゃ、自分がかわいそう! 人生、後悔したくない!」と思えた場合に離婚は自然とできるものです。相手がイヤになったからではなく、「自分の幸せ」を中心に人生を考えることが大切でしょう。

また、仮に安易な気持ちで強引に離婚を決めたところで、離婚に向かうエネルギーがチャージされていなければ、途中で息切れしてしまうでしょう。さんざん悩んだ挙げ句、「離婚しよう」という心の声が聞こえてくるタイミングがあるはずです。そして、そのときには離婚への勇気がわいてエネルギーも十分にチャージされているでしょう。


このように、離婚を現実的に考えたときには、まず3つの壁にぶつかります。ぶつかることで真剣に悩み、「本当にその選択で後悔しないか?」の結論を出すきっかけにもなるのです。離婚の道を進むにしても、思いとどまるにしても、アナタの人生が幸せになるように。勇気を持って、選び取っていってほしいと思います!


[関連記事]
そろそろ離婚?ベストなタイミングの見極め方
夫に離婚を切り出すXデーはいつ?
離婚か修復か?夫の気持ちを確かめる3つの方法
夫からの突然の離婚宣言!その理由は?
「駆け込み離婚」の落とし穴にはまる人・はまらない人



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。