肩こりから起こる頭痛は、放っておくと慢性化しやすくなります。時々頭痛がするなぁ、と感じたら早めに悪化予防対策を始めましょう。

肩こりから起こる頭痛とは?

肩こりから頭痛がおこることがあります

肩こりから頭痛がおこることがあります

肩こりの人を悩ます症状のひとつに、頭痛があります。命に関わる重篤な疾患が原因の頭痛ではありませんが、慢性化しやすいのも肩こりが原因の頭痛にみられる傾向です。肩こりが起因する頭痛は、珍しいものではなく、多くの人がその症状を訴えています。

なんとなく頭の痛みを感じ、重いような、頭を締め付けられるような頭痛が、しばらく続きます。これは、肩こりに関連する筋肉が、頸部から頭部へとあるためです。首の後ろ側から後頭部にかけて、痛みを感じる人も多く、また頭全体が痛むように感じる人もいます。

しつこく続く緊張型頭痛

パソコンにむかっていると頭痛になる人も多いです

パソコンにむかっていると頭痛になる人も多いです

これらの筋肉は、姿勢の変化による影響も受けやすく、デスクワークなどで、うつむく姿勢が習慣になると、負担がかかりがちになります。嘔吐をしたり、寝込んだりするほどではないものの、横になって休み、頭部や腕をを支える頸部・背中の筋肉の負担を減らすと、頭痛が軽減するケースもあります。

肩こりからの頭痛は、緊張型頭痛と呼ばれ、頭頸部、背中などの筋肉の血行不良と過度の緊張によって引き起こされます。また、頸椎の関節に負担がかかっている人は、眠っている間にも頸部や頭部の筋肉が血行不良になり、朝、目覚めたら、首が痛くて頭もず~んと重く痛む、という症状がみられることも。

精神的なストレスも影響する緊張型頭痛

精神的ストレスの影響で頭痛になることも

精神的ストレスの影響で頭痛になることも

また、精神的なストレスの影響も、緊張型頭痛になる要因のひとつ。悩み事があり、気持ちが不安定になりがちだったり、緊張を強いられる環境で過ごしている場合は要注意です。こうしたストレスが原因で、睡眠中に首・肩周辺に力が入る、歯をくいしばり、顎関節に負荷がかかるといったこともあり、これらも緊張型頭痛の要因となります。

こうしたことで肩こりを生じ、緊張型頭痛を引き起こしますが、予防するには、筋肉の血行不良を回復させ、緊張状態を緩和・リラックスされることが必要です。生活習慣や性格からも影響を受ける緊張型頭痛、早めに筋肉の緊張をやわらげると、心のリラックスにもつながります。

頭と心のリラックスマッサージ

軽いタッチで、頭痛の生じやすい後頭部の緊張をやわらげましょう。肩こりを感じる時や疲労時に行います。また、バスタイムや就寝前にマッサージをすると、リラックスするためにも効果的です。

後頭部の頭痛が出やすい部分をゆるめます

後頭部の頭痛が出やすい部分をゆるめます

1. 写真のように、耳の後ろから後頭部へ手を当てた範囲の緊張をゆるめていきましょう。









強く押すのではなく、軽く当てて動かすだけです

強く押すのではなく、軽く当てて動かすだけです

2. 指の腹を、皮膚につけたまま、ゆっくりと小さな円を描くように動かします。強く圧す必要はありません。心地よい程度に擦るイメージです。

頭の中心部から外側に向かい、指をずらしていきます。




指の位置を少しずつ外側へずらしながらのマッサージです

指の位置を少しずつ外側へずらしながらのマッサージです

3. 耳の後ろにある骨の出っ張った部分まで、小さな円を描きながらずらしていきましょう。







また、筋肉がしこりにように部分的に硬くなっているケースがあり、しこり部分を押すことで痛みが強まることがあります。その時は、無理にセルフマッサージは行わないでください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項