大震災後の計画停電が始まる
キッチン機器とガス機器の取扱い注意!

3月14日は計画停電の実施がそれほど広範囲ではありませんでしたが、15日は予定通り東京電力管内を変電所ごとに5つに分けて、順次大掛かりな停電が実施される予定です。

こんなとき注意していただきたいのが、キッチン機器の取扱いです。
調理中にガスコンロやIHクッキングヒーター、電子レンジやオーブン等の機器が、いきなりの停電に止まってしまうことがあります。
そのときは、まず第一に慌てず確実にガスの元コックや電源のメインスイッチを切ることが大切です。
teidentaisaku

ガスクックトップの例


 
teidentaisaku

IHクッキングヒーターの例


 
また停電中は、レンジフードが作動しません。ガス調理機器は吸排気が必要ですから、ガスが供給されていてもコンロを使う調理作業は中止してください。
食器洗い機等のキッチン機器も必ずメインスイッチを切るようにしてください。
事前に停電の始まる連絡が入ったときは、これらのキッチン機器の使用を中止することが大切で、食事の支度を通電中におこなうように心掛けたいものです。

もうひとつ、注意していただきたいのがエアコンやガス給湯器、ガス暖房機、灯油暖房機などの取扱いです。
まだまだ寒い日が続きます。暖房機器は生活必需品のひとつですが、停電時には注意が必要です。
teidentaisaku

ガス給湯器の例


 
計画停電で「ガス給湯機・ガスファンヒーター・ガス温水暖房用熱源機・灯油暖房機など」が使用中に停電すると、電気の復帰後使用出来なくなる可能性があります。
それは、燃焼中にいきなり停電すると、燃焼は止まりますが機器内のファンも同時に止まります(通常は数分間遅れて止まります)。そうすると機器内部が余熱で過熱され安全装置が働き、部品交換しないと復帰できなくなる可能性が高くなります。(灯油暖房機も同様です)
teidentaisaku

ガスファンヒーターの例


 
teidentaisaku

灯油ファンヒーターの例


 
その対処方法は、停電3分前には、必ず使用を終了し運転スイッチをOFFにして下さい。 ちょっとした事で、不便をあじわう事もなく、また、高額な修理代を払わなくて済みますので、停電時間近くになったら、必ず実行して下さい。

下記関連サイトも併せてご覧ください。
東京ガス 停電時のガス機器の取扱い
Panasonic 断水・停電・地震時における取扱いの注意
SHARP 家電製品の停電時の取扱い

©Mar.2011 Copyright HIDEWO KURODA KITCHEN SYSTEM LABO.INC.



匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。