売り買いすべての指標となる「Pricefan」 

株式会社オークファンが提供する「Pricefan」は簡単にいえば、ECショップやオークションサイトの価格や取引高のデータを1つにまとめたもの。まさしく株のチャートと同じなのだ。取引高が増えるのはどのタイミングか?価格が下がりだすのはいつか?そういったデータがあるかないかでは、売上に大きな違いが出てしまう。事実、売りだす時期がちょっとでも遅れると価格競争の波にのまれて思うような利益が出ないこともある。逆にいえば、誰よりもタイミングよく売りだすことができれば、大きな利益を狙えることになるのだ。

ちなみに、以下はバーバリーのコートの総落札額と総落札数だ。
右の目盛は落札総額を表し、左は落札数を表す。資料提供:オークファン。

右の目盛は落札総額を表し、左は落札数を表す。資料提供:オークファン。

データを見ることのメリットは、経験則を排除できるという点にもある。人は経験を積むと、それに縛られてしまう傾向にある。あの時こうだったから今回も…というように。しかし、時代は流れているのだから、その経験が役立たないこともあるのだ。そんなとき、数値化されたデータを見れば、経験という漠然としたものがベースになっている戦略から脱することができ、よりリアルな情報を武器にビジネスをすることができるだろう。

経験則はもちろん重要だし全否定しているわけではないが、それにプラスして数値化されたデータがあれば、より確度の高い商売ができるのでないだろうか。

買う側のメリット 

逆に買う側としては、価格が下がっているときに買えばいいことになる。定価で1000円のものが600円で買うことができたら、400円得をしたことになる。この400円でまた違うものを買えば、それだけ豊かな生活ができることになるのだ。

あるいは、同じ1000円でも、質の高い物を手に入れることができるかもしれない。以前「年収300万円の彼が700万円の生活ができる理由」でも紹介したように、人は工夫しだいで相当レベルの高い生活を送ることができてしまうのだ。

賢く生きようとしている者にとって有利な時代になったのは多くの人が感じていることだと思う。買い物もそう、投資もそう。知っているかどうかでは全く違う結果となってしまう現実がここにある。知らない期間が長ければ長いほど知っている者との差は大きくなるのだ。まずはこの事実を知っていただきたいと思う。

【関連記事】
ネットオークションで投資資金1万円をつくる
その1 オークションの基礎と1万円を作る方法
その2 オークションで重要なこと

年収300万円の彼が700万円の生活ができる理由
損している人のための「損しない生き方」のススメ

【投資資金を作るシリーズ】
保険料を半分にして投資資金を作るために、ライフネット生命の出口社長に話を伺った
その1 セールスたちは保険商品の説明ができない!?
その2 保険料は半分になった!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。