パリ観光の大本命! パリとフランスの象徴、エッフェル塔

エッフェル塔

シャンドマルス公園側から見たエッフェル塔

パリ、フランスの象徴エッフェル塔。西側のセーヌ川沿いに位置し、「パリのセーヌ河岸」として世界遺産に登録されています。 正面のシャイヨー宮からの眺めや頂上のビューポイント、はたまた塔内にある星付きレストランなど、とにかく見どころが盛りだくさん。なにはともあれ、エッフェル塔を見ずしてフランスを去ることなかれ!

エッフェル塔の高さと歴史

エッフェル塔

1階ではエッフェル塔の歴史についての展示が見られる (c) Paris Tourist Office - Photographe : Marc Bertrand

地上324mの高さを誇るエッフェル塔の歴史は、1900年のパリ万博の時代まで遡ります。コンペティションで採用されたギュスターブ・エッフェル氏の設計案は、当時からするととても斬新でした。保守的なフランス国民の間では、このエッフェル塔建築に対して懐疑的な見方がほとんど。取り壊し案まで出た中、それでも電波塔としての役割が見直され、現在に至るまで健在するその姿はご存知のとおり。それどころか、今となってはエッフェル塔なしのパリは考えられないというほどの存在感を誇っています。

 

エッフェル塔の楽しみ方

エッフェル塔

シャイヨー宮テラスから眺めた完璧な姿のエッフェル塔

■エッフェル塔のベストビューポイント
なにはともあれ、まずはその美しい全体像を眺めてみましょう。エッフェル塔の完全な姿を眺める最高のビューポイントは、16区のシャイヨー宮テラスです。晴れた日なら、エッフェル塔の手前の噴水から背後に広がるシャンドマルス公園までを見わたすことができます。

■夜のイルミネーションにも注目
イルミネーション

キラキラ輝くイルミネーションも必見


夜になると、エッフェル塔は金色にライトアップされ、パリの空に浮かび上がります。そして毎時丁度から始まる5分間のシャンパン・フラッシュはお見逃しなく。金色のエッフェル塔が、キラキラと星のまたたきのように輝きます。ビューポイントから眺めるのはもちろん、パリの街の至る所からキラキラとまたたいて見えるので、ふと見上げた時に見ることができれば、何だかラッキーな気分に。

そして2009年から2010年の年末年始には、エッフェル塔生誕120周年を記念してイルミネーションショーが特別に行われました。トリコロールやレインボーカラーに輝いたり、リズミカルに塔の表面を動くカラフルな光のショーはうっとりしてしまうほど。現在は残念ながら終わってしまいましたが、また、新たなプロジェクトが行われることを期待しましょう。その様子はこちらで>>>エッフェル塔120周年記念イルミネーション

 

エッフェル塔のチケットを予約する

エッフェル塔

登ると決めたらなるべく早い予約を!

エッフェル塔に上るには、やはり事前に公式サイトでチケットを予約しておくのがおススメです。3カ月前から予約できますが、オンシーズンは3カ月前でも予約できないことが多々あり、非常に難関です。とにかくできるだけ早くからチェックしておきましょう。

公式サイトで予約できなかった場合、割高ではありますが、現地ツアー会社で予約できる場合があります。限られた時間を有効に使うためなら、こういった方法もアリです。

いざ、エッフェル塔へ

エッフェル塔

エッフェル塔に上るのは夜がおすすめ (c) Paris Tourist Office - Photographe : Alain Potignon

チケットの予約ができなかった場合は、当日エッフェル塔の下にあるチケット売場での購入になります。時期や時間帯によっては数時間並ぶこともあり、加えて入場の前にも行列ができるので、かなりの時間待つことを覚悟しておいた方が良さそうです。

セキュリティチェックやチケット購入、また入場の待ち時間をできるだけ短縮するには、オンシーズンよりも冬などのオフシーズン、また朝一の時間をおススメします。

しかしながら、実際は気候を選ばない夜がとても美しく、地上276mに位置する最上階の展望台からは、宝石のようにちりばめられた街灯が美しいパリの街並を見下ろすことができます。

毎年7月14日の革命記念日には、エッフェル塔とシャイヨー宮の間で花火が打ち上げられます。日本の花火の豪華さには負けてしまいますが、年々レベルが上がっていると評判です。

塔内の一つ星レストラン、ジュール・ヴェルヌ

ジュール・ヴェルヌ

絶景を眺めながら一流の味を (c) Matt aletti

実はエッフェル塔の中に、星付きレストランがあるということをご存知ですか? 塔内レストラン、ジュール・ヴェルヌはエッフェル塔の2階125mの高さに位置し、絶景を楽しみながら食事をすることができます。プロデュースは、日本でもおなじみのフランスを代表するシェフ、アラン・デュカス。味はもちろんのこと、雰囲気もお墨付きの、洗練されたフレンチレストランです。

<DATA>
Jules Vernes
住所:Tour Eiffel Avenue Gustave Eiffel 75007 Paris
TEL:01 45 55 61 44
営業時間:12:00~13:30/19:00~21:30
休業日:7月14日の夜
ランチ105ユーロ~、ディナー190ユーロ~
※Tシャツやショートパンツなど、カジュアルすぎる、またはスポーティな服装はNG

<DATA>
Tour Eiffel
住所:Champs de Mars 75007 Paris
TEL:01 44 11 23 11
アクセス:Champs de Mars Tour Eiffel(RER-C)、Bir-Hakem(メトロ6)
営業時間:9:00~0:45(9/2~7/6):最終入場時間は0:00、最上階は23:00
9:30~23:45(7/7~9/1):最終入場時間は23:00、最上階は22:30
入場料金:2階まで16ユーロ、最上階まで25ユーロ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。